旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

ムーミン谷化が進行中。埼玉県の湖畔に広がる「メッツァビレッジ」

梅原 慎治
梅原 慎治
2018/12/08

穏やかでいて、どこか静ひつな空気が流れているようなイメージがある北欧ですが、そのライフスタイルを体験できる施設「メッツァビレッジ」が、埼玉県飯能市にオープンしました。

さっそく、北欧を代表するキャラクター・ムーミンたちが住む「ムーミン谷」のような雰囲気がただようその新スポットを、埼玉出身のツーリングライター・梅原 慎治さんが探索しに行ってきました。

ムーミン谷化進行中、埼玉県飯能市のメッツァビレッジがオープン


以前、埼玉県飯能市にはムーミン谷の世界観を再現した「トーべ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」をご紹介しましたが、2018年11月9日(金)、同市内に新たなムーミン関連施設、「メッツァビレッジ」がオープンしました。早速、様子を伺ってきたので、ご紹介します

メッツァビレッジ案内図

メッツァビレッジ」とは、ムーミンの故郷であるフィンランドを含む、北欧のライフスタイル湖畔の森で体験できる施設です。ちなみにここの湖「宮沢湖」は昔からある人工の湖で、私が中学生の頃にはこの湖の湖畔を周回するというマラソン大会をやっていたのを思い出しました。

エントランスロードから臨むマーケットホール

さて、肝心のメッツァビレッジですが、駐車場から湖畔へと向かうエントランスロードはやや勾配があり、“森へ続く道”という雰囲気が流れ、公園の入口としては少し距離があります。この道には音楽が流れており、やや長い森へ続く道を音楽を聞きながら歩くことで、非日常の北欧世界へと誘う効果があるようにも感じました。

梅原 慎治

埼玉県生まれ、都内在住のツーリングライター。主に関東近郊を走り周り、美味しい物や良い景色などを見つけて楽しんでいる。趣味としてフルコンタクト系の空手も嗜んでいる。

ムーミン谷化が進行中。埼玉県の湖畔に広がる「メッツァビレッジ」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 国内 全国でこんなに違う。飲んだ後ついつい食べちゃう「シメ」のグルメ ★ 145
 その他のエリア 日本に来た外国人がリアルに買っていく「意外なお土産」【2018年版】 ★ 1178
 埼玉 30秒ですぐ絶景。埼玉の秘境「三波渓谷」で出会った神秘的な景色 ★ 120
 群馬 どこか妖しげで艶っぽい。草津の秘境的な名瀑布「嫗仙の滝」 ★ 96
 東京 こんなところに天然温泉が。都心から走って行ける温泉施設9選 ★ 53