旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

季節感じる桜のトンネル。横浜「大岡川桜クルーズ」ライトアップ情報【2023年】

寒い冬を乗り越え、そのご褒美のようにやってくるポカポカと心地よい。桜のつぼみが膨らみ始めるのを、いまかいまかと待っている人も多いでしょう。桜というのはやはり特別な花ですよね。

一年をかけて短い時間だけ満開の花を咲かせる桜は、昔から日本人の琴線に触れる不思議な花です。そんな特別な桜を、船の上からより特別に味わえるクルーズが、神奈川県横浜市の大岡川で出航します。

大岡川沿いは、毎年美しい桜が咲き誇る、桜の名所。今回は「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」が運行する、大岡川クルーズをご紹介します。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウイルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

桜の名所「大岡川」のライトアップはいつ?

2023年のライトアップ:3月24日(金)~4月9日(日)

image by:ziggy_mars/Shutterstock.com

大岡川は、神奈川県横浜市を流れる二級河川で、最後には横浜港へとたどり着きます。

この大岡川の周辺は関東有数の桜の名所として知られ、満開の時期には大岡川を覆い尽くさんばかりの桜の花を見ることができるのです。その桜の数はなんと約600本、全長約3kmにも渡ります。

3月下旬の咲き始めから4月上旬にかけては毎年「桜まつり」が開催されており、ぼんぼりに灯りが灯されたりとお祭り気分満点。春の少し浮かれた気持ちをより盛り上げてくれるお花見スポットです。

2023年は「みなみ桜まつり」として開催。大岡川プロムナードのライトアップ・ぼんぼり点灯は、3月24日(金)~4月9日(日)午後6時〜9時まで行われます。

お花見クルーズ船もたくさん運行

image by:ziggy_mars/Shutterstock.com

大岡川のほとりは遊歩道になっているので、公園のお花見とは違い、シートを敷いて座ってお花見というわけにはいきません。たくさんの人が頭上に咲き誇る桜を眺めながら、時に立ち止まってみたり屋台で小腹を満たしたりしながら歩いています。

image by:picture cells/Shutterstock.com

しかし、さすがに満開の時期ともなると人出が多く、なかなかゆったりと桜を満喫するのは難しくなってしまいます。そこでおすすめなのが、大岡川を船に乗って進む「大岡川クルーズ」です。


大岡川には桜の季節になると、小型のボートから本格的な屋台船、予約不要で乗船可能なものなどたくさんの船が浮かびます。

クルーズ船に乗ってお花見を楽しめるなんて、いかにも日本の春と言った感じがしますよね。外国人観光客にも大人気のアクティビティです。

より特別感が満載な限定プランも!

image by:@Press

横浜・みなとみらいエリアを代表するホテルといえば、「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」です。ヨットの帆のような形の美しい外観は、宿泊せずとも記憶にある方も多いでしょう。

そんなスタイリッシュで現代的な同施設が、2023年3月17日(金)~4月9日(日)に出航する特別な「大岡川桜クルーズ」は、首都圏初ホテルシップである「ル・グラン・ブルー」に乗船できることでも人気を集めています。

ホテル所有の客船ということもあり、船内はとてもシックで落ち着いた空間。特別な船に乗ってゆったりと桜を楽しめる、約60分間のクルーズです。

大岡川桜クルーズは同施設の裏側にある「ぷかりさん橋」からスタート。浜ランドマークタワーやコスモクロックなどを見ながら大岡川の桜並木へと、横浜観光もかねたルートを進んでいきます。

大岡川に入ると両側に咲き乱れる桜!川の上はちょうど桜のトンネルのようになっている場所もあり、舞い散る花びらも風に乗って船へと運ばれてきます。船は川岸へとかなり接近するので、大きな大岡川でのクルージングでもしっかりとお花見を楽しめますよ。

image by:@Press

途中には和菓子とお茶、またはビールのサービスもあり、まさに至れり尽くせり。歩きながら見上げる桜とは違う角度からお花見を楽しめます。

また桜が散り始める少し切ない時期になると、大岡川の水面は一面桃色に染まります。クルーズ船から眺めていると、まるで桃色の絨毯の中を進んでいるかのよう。滅多に見られない特別な景色です。


期間限定で夜桜クルーズも楽しめる!

image by:ziggy_mars/Shutterstock.com

桜といえば日中に真っ青な空の下で見る姿も色鮮やかで美しいですが、灯りに照らされる夜桜も神秘的な雰囲気をまとっていて美しいものですよね。そもそも、夜見る桜で「夜桜」なんて言葉があるほど、桜は古くから愛され信仰の対象とされている花なのです。

そんな夜桜を見に出かけられるクルーズ船も、同施設のプランには用意されています。

船上から目に眩しい横浜の夜景を眺めていると現れる大岡川。色鮮やかな夜景とは対象的に、ぼんぼりの温かな灯りに照らされてぼんやりと浮かび上がる桜の花は情緒たっぷりの光景です。

image by:@Press

なお、同クルーズプランはホテルの宿泊またはレストランをご利用の方限定。暖かく、過ごしやすくなる春には遠くへ出かけたくなるものです。

ホテルのレストランで食事をし、お花見をかねたクルーズを楽しむなんて素敵な一日になること間違いありません。この春こそ、ぜひお花見クルーズをメインとした旅行計画を立ててみてはいかがでしょうか。

  • 大岡川桜クルーズ
  • 平日4,000円、土日祝4,500円(クルーズ乗船+お茶またはビール、お茶菓子付き/3歳以下は大人1名につき1名まで乗船可能、4歳以上は一般料金)
  • 運行期間:2023年3月17日(金)~4月9日(日)
  • 遊覧時間:約60分
  • 公式サイト
  • ※予約はオンラインのみ。
  • source:@Press
  • ※税込価格です。
  • ※イベントに関する情報は変更になる可能性があるので、必ず事前にご確認ください。
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウイルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
  • ※初回掲載日2019年2月26日/更新日2023年3月28日。
いま読まれてます

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

WebSite / Twitter / Facebook / Instagram / Mail magazine

季節感じる桜のトンネル。横浜「大岡川桜クルーズ」ライトアップ情報【2023年】
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます