旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

たった一枚の「ヌノイチ」で、キャンプの可能性はもっと広がる

遠藤 チサト
遠藤 チサト
2019/04/16

自然を感じながら豊かな時を過ごす「キャンプ」では、天候や気温、そして風向きなど常に変化するシチュエーションに対応していく必要があります。

そんな複雑で変わりやすい環境で最適かつ、非常にシンプルなキャンプグッズが、布一枚の「ヌノイチ」です。高機能なアウトドア用品があふれるなか、そのミニマムなアイテムで一体何ができるのか?早速詳細をチェックしてみましょう。

キャンパーの創意が試されるテント兼タープ「ヌノイチ」

アウトドア用品ブランド「DOD(ディーオーディー)」から発売された「ヌノイチ」は、切れ目が入った大きな一枚の布で、使い方正解・不正解はありません。さまざまな自然環境のなか、頭を使ってそのとき、その気候や天候に合わせ創意工夫することを楽しめるアイテムです。

前述の切れ目に加え、ロープやグロメットを結ぶためのループがSサイズでは26カ所、Mサイズでは30カ所、緻密な計算をもとに配備されているのが特長です。それらを活用することで、テントやタープそしてシェルターとしてなど、自由自在に設営することが可能になっています。

また、バランスに優れたベーシックなスタイル(写真左上)で立てるためのポール、ロープ、ペグはすべて付属されているため、手元に届いたらすぐ使うことができるのも魅力的のひとつです。

ちなみに、「ヌノイチ」というネーミングではありますが、サブ生地も付属しています。ベーシックスタイルの開口部分に設置し、風の入り込みを軽減したり、タープ部分を延長させたいときに便利ですよ。

本体と同様にサブ生地にもSサイズで6カ所、Mサイズで12カ所にグロメットとループを配置しているので、自由なフォルムへ変幻自在に活用することができます。

生地本体には厚みのあるポリエステル・コットン混紡素材「ポリコットン」を使用しています。ポリコットンはナイロンなどに比べ燃えにくい素材なので、焚き火などの火の粉が当たっても穴が空きにくくなっています。

また、一般的なタープに多いポリウレタン防水加工を施していないため、加水分解の心配もありません。使用後のお手入れを念入りに行うことで長く使える素材なのも、アイテムにもこだわりたいキャンパーとしては嬉しいポイントですね。


サイズ・カラーともに2種類展開

ヌノイチS」のメイン生地サイズは縦290cm、横380cmとなっており、1〜2人でのキャンプにちょうどよいサイズ感です。ソロキャンプであれば十分な広さを確保できるので、悠々自適なキャンプを満喫できそうです。

ヌノイチM」はメイン生地のサイズが縦432cm、横570cmとなっています。2人〜3人がゆったりと過ごせるサイズ感なので、友人たちとのんびり自然の中でのリラックスタイムを楽しんでみてはいかがでしょうか。

カラーはカーキとタンの2色展開で、どちらもキャンプシーンをオシャレに盛り上げるアースカラーです。サイズと合わせて好みや用途に合わせて選んでみてくださいね。

コンパクトに持ち運びも可能な点も魅力的

同アイテムには、「NUNO-ICHI」のスタイリッシュなロゴが施された専用のコンプレッションバッグも付属されています。非常にシンプルな構造のアイテムなために、コンパクトに収納、持ち運びすることが可能です。

シーンに合わせて頭を使って設営を行うという、キャンプの原点に戻り、より自然を感じながらキャンプの魅力を再確認できる同アイテム。いままでの経験やアイディアを活かすことができるので、多くのキャンプ経験があるキャンパーたちにもたまらないアイテムとなりそうです。

発想により折り紙のように形を変える「ヌノイチ」は、きっと新しいキャンプ体験をさせてくれるはず。高機能なアイテムもいいですが、たまにはシンプルに、自身のアウトドアスキルを試してみてはいかがでしょう。

source:PRWire

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

北国生まれのAB型。インスタ映えに命をかけるミーハー女子。デートで「何食べたい?」と言われたら必ず「お肉」と回答。トレンドに忠実に楽しいことばかり選択するゆとりライター。

たった一枚の「ヌノイチ」で、キャンプの可能性はもっと広がる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい