旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

こだわりに惚れ込む、国内のおすすめ「クラフトビール醸造所」8選

ニッポン津々浦々
ニッポン津々浦々
2019/04/21

コンビニでも気軽に買える種類も増え、まだまだ注目度が高いクラフトビール。その魅力は大量生産される大手メーカーのビールと異なり、ほとんどが小規模な設備で、その地域独特の味わい作り手のこだわりなどが楽しめる点ですね。

そこで今回は、日本各地のクラフトビールを飲み歩いた筆者が、ぜひ一度は飲んでほしい一品がそろった「クラフトビール醸造所」をご紹介します。

ヤッホーブルーイング醸造所/長野県佐久市

image by:Digital PR Platform

まずは、クラフトビールを普段あまり飲まない方でもその名は知っているかもしれない、長野県佐久市の「ヤッホーブルーイング醸造所」です。

ヤッホーブルーイング佐久醸造所は、世界的なビール品評会で8年連続金賞を受賞した「よなよなエール」の醸造所ですね。コンビニなどで見かけることも多いのではないでしょうか。

普段は非公開ですが、毎年夏になると「大人の醸造所見学ツアー」を開催し、人気を呼んでいます。ツアーでは仕込みから熟成、缶の充填まで見ることができますよ。

  • ヤッホーブルーイング醸造所
  • 長野県佐久市小田井1119-1
  • 御代田/佐久平(最寄りからタクシー利用)
  • https://yonasato.com/ec/

オラホビール/長野県東御市

長野県東御市の「オラホビール」は、信州東御市振興公社が製造・販売している地ビールのブランド名で、1996年に誕生しました。

国際ビール大賞などのさまざまな大会で入賞しており、信州の大自然に囲まれた醸造所とレストランは小高い丘の上にあり、千曲川の抜群の景色が楽しめます。センスの良い缶ビールのデザインはもちろん、ホップが効いた味わいがたまりません。

ちなみに「オラホ」とはこの地方の方言で、「わたしたち」や「私たちの地域」といった意味があるそうです。

木内酒造/茨城県那珂市

image by:PR TIMES

茨城県那珂市の「木内酒造」が作る「常陸野ネストビール」は、日本を代表するクラフトビールの一つとして有名です。軽やかなラガーから赤米など和の食材を使ったものまで、幅広いラインアップが魅力ですね。


また「手造りビール工房」では、麦汁作りからホップの投入までの仕込みを体験(要予約)できます。


ハーヴェスト・ムーンブルワリー/千葉県浦安市

image by:PR TIMES

千葉県浦安市の「ハーヴェスト・ムーンブルワリー」は、東京ディズニーリゾートのイクスピアリにある舞浜地ビール工房です。

併設の店舗「ロティズ・ハウス」では、地ビールとシェフ特製料理が楽しめます。東京ディズニーリゾートで遊ぶなら、ぜひとも立ち寄ってみてください。

スプリングバレーブルワリー東京/東京都渋谷区

image by:PR TIMES

国内でも非常に知名度の高い、東京都渋谷区の「スプリングバレーブルワリー東京」も外せません。2015年4月に開業した、キリンビールが運営する醸造所併設店舗ですね。

image by:PR TIMES

入るとビールの醸造設備が目の前にあり、一部は透明タンクで発酵の過程が見えます。醸造士の作業などビール造りを見ることができ、ビール好きの心をくすぐられます。

  • スプリングバレーブルワリー東京
  • 東京都渋谷区代官山町13-1 ログロード代官山
  • 定休日:なし
  • 月曜〜土曜 8:00〜24:00(L.O.22:30)/日曜 8:00〜22:00(L.O.21:00)
  • https://www.springvalleybrewery.jp/pub/tokyo/
  • ※テラス席は 22:00 まで営業(冬期をのぞく)

T.Y.HARBOR/東京都品川区

image by:PR TIMES

東京都品川区の「T.Y.HARBOR」は、天王洲の運河に面したレストラン併設の醸造所です。古い倉庫を改装したもので、高い天井とレンガを用いた内装は大人の雰囲気を醸し出しています。

果実味のあるタイプなどビールの苦味があまり得意でない方でも飲みやすいラインアップで、バーやテラスで気持ちよく味わうことができます。

ベアード・ブルワリーガーデン修善寺/静岡県伊豆市

image by:PR TIMES

静岡県伊豆市の「ベアード・ブルワリーガーデン修善寺」は、2014年に米国人と日本人の夫妻が経営するクラフトビールメーカーが設立した醸造所です。

生のホップを使った香り豊かなビールを一日に約6,000リットル仕込んでおり、土日祝日には無料の見学ツアーを開催していますよ。


富士桜高原麦酒/山梨県富士河口湖町

Beer Bar 富士桜 Roppongi image by:News2u.net

山梨県富士河口湖町の「富士桜高原麦酒」は、富士観光開発株式会社が醸造・販売している地ビールです。

ビールの本場ともいえるドイツのデーメンス醸造専門学校で醸造を学んだ醸造士らによって醸造されているのが特徴で、2012年ワールド・ビア・カップ金賞や2014年ワールド・ビア・アワードで世界一など、世界のコンテストで多数受賞しています。

富士河口湖町に地ビールレストラン「シルバンズ」を、六本木にビアバー「Beer Bar 富士桜 Roppongi」を直営しています。

  • 富士桜高原麦酒 シルバンズ
  • 山梨県南都留郡富士河口湖町船津字剣丸尾6663-1
  • https://www.sylvans.jp/

今回ご紹介した醸造所は、温泉や観光地に近い施設が多いので、ぜひ旅行の途中に立ち寄って、そのこだわりを堪能してみてくださいね。

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

本業は某百貨店などのグルメ系イベント企画。日本全国をめぐりすぎて詳しくなってしまったため、紙・Webなど幅広くグルメ・旅行ライターをやっています。

こだわりに惚れ込む、国内のおすすめ「クラフトビール醸造所」8選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい