旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

関西エリアでお得に遊ぼう。大人も大満足な「無料体験」スポット

Haru
2019/04/22

春休みにゴールデンウイーク、夏休み、シルバーウィーク、冬休みなどの長期休暇。せっかくのお休み、子どもを連れて、はたまた友だち家族と一緒にどこに出かけよう?と頭を悩ませていませんか?

日常のなかのハレの日といえる旅行は楽しみでもありますが、出かける先を選ぶのは一苦労ですし、誰かと出かけるとなると、気になるのが予算です。特に長期のお休みとなると、お財布の中身とよく相談して…という方は多いはず。

そんなときは、基本交通費のみで済む、無料で楽しめるスポットに出かけましょう!今回は入場料無料で楽しめる上に為にもなる、無料観光スポットをご紹介します。

1.ダスキンミュージアム/大阪府吹田市

image by:PR TIMES

お掃除のダスキンが手がける「ダスキンミュージアム」は大阪の中心部からほど近い吹田にあります。旅行中でも立ち寄りやすい場所にありながらも、入場は無料!

館内はダスキンの歴史を学びながらお掃除の大切さを感じられる「おそうじ館」エリアと、あの「ミスタードーナツ」の発祥から現在までを学べる「ミスドミュージアム」にわかれています。

image by:PR TIMES

ダスキンのエリアではお掃除道具の進化からホコリのメカニズム、ダスキンのさまざまな道具を使ってのお掃除体験などができます。

さらに体感型アトラクションとして、ホコリをシューティングするゲームあり、楽しみながらお掃除の大切さを学べますよ。

ミスドキッチン image by:PR TIMES

ミスドミュージアムは、誰もが知っているミスタードーナツのこだわりや懐かしい歴代のパッケージ、人気のプレゼントなどが展示されています。

ミスドミュージアムの一番人気は「ドーナツ作り体験」!予約無しでミニドーナツにトッピングができる手軽なドーナツ作り体験(200円)と、予約制で生地を伸ばすところから作れる体験の2種類があります(500円・要予約/2019年7月2日(火)より600円)。


作る楽しさと、自分で作ったものを食べる喜びを子たちに感じてもらえる施設です。

  • ダスキンミュージアム
  • 大阪府吹田市芳野町5-32
  • 06-6821-5000
  • 江坂
  • 入館料:なし
  • 休館日:月曜(月曜日が祝日の場合は翌日休館)/年末年始
  • 10:00~16:00(入館15:30まで)
  • http://www.duskin-museum.jp/

2.NHK大阪放送局「BKプラザ」/大阪市中央区

image by:photolibrary

テレビ好きなら、NHK大阪放送局会館の1階にある「BKプラザ」へ行きましょう。同施設では、テレビの歴史やNHK歴代の番組に加えてキャスターの体験ができる「なりきりスタジオ」、いつも見ている番組と合成してテレビのなかに入っている気分を味わえる「わくわくスタジオ」などが、すべて無料で体験できます。

さらに「なりきりスタジオ」では、簡単な原稿を読んだりする体験シーンを、なんとDVDにしてお持ち帰りもできるんです(300円)。ニュースキャスターに憧れている子どもにとって、とても特別な体験になること間違い無しですね。

また9階ではドラマのセットを見学できたり、テレビスタジオの様子も見学できます。

  • NHK大阪放送局「BKプラザ」
  • 大阪市中央区大手前4-1-20
  • 06-6941-0431(代表)
  • 谷町四丁目
  • 入館料:なし
  • 休館日:火曜/年末年始
  • 10:00~18:00(入館17:30まで)
  • http://www.nhk.or.jp/osaka/bkplaza/

3.造幣博物館/大阪市北区

image by:nookiiezt/Shutterstock.com

シュミレーションやお仕事体験などはちょっと照れてしまう、小学校高学年くらいのお子さんと一緒に出かけるなら、「造幣博物館」でお金の歴史を学ぶのはいかがでしょう。

造幣博物館前は桜の名所としても知られているので、時期が合えばとても美しい光景も見られます。レトロな西洋風の佇まいもとっても素敵な施設なので、大人だけで訪れても十分に楽しめますよ。

館内ではお金の歴史を学べるのはもちろん、歴代の記念コインや古銭、海外の貨幣なども展示されています。

オリンピックのメダルなど、普段目にすることのない特別なものもあり、見応えは充分です。またお金がどのようにして作られているのかなどもパネルや映像で学べます。

  • 造幣博物館
  • 大阪市北区天満1-1-79
  • 06-6351-8509
  • 天満橋/大阪城北詰/京橋など
  • 入館料:なし
  • 休館日:年末年始/「桜の通り抜け」開催期間
  • 9:00〜16:45(入館16:00まで)
  • https://www.mint.go.jp/enjoy/plant-osaka/plant_museum.html
  • 10名以上で見学の場合は事前申し込み

4.関空展望ホールスカイビュー/大阪府泉佐野市

image by:PR TIMES

関西国際空港(関空)を利用するならぜひ立ち寄りたいのが「関空展望ホールスカイビュー」。通常、展望台といえば空港ターミナルの最上階にあるイメージですが、こちらは関空から車で5分ほどのところにあり、ターミナルからは無料のバスが出ています。

離着陸する飛行機を遮るものなく眺められる「スカイデッキ」では、開放感ある景色を楽しみながらベンチなどでのんびりと過ごせる上に、子どもが遊べるプレイエリアも充実しています。また夜景の美しさは思わずうっとりするほどで、デートにもぴったりです。

さらに3階にある「スカイミュージアム」も入場無料!こちらは関空や空港のお仕事について学べるミュージアムです。

学習コーナーと空港の仕事を学べるコーナーに分かれており、いま自分のいる関空エリアがどのようにして作られたのか、その過程から関空の歩み、日々どのように関空から飛行機が飛び立っているのかなどを学べます。

飛行機好きの子どもたちや将来はキャビンアテンダントになりたい!と考えている子どもにとっては、たまらない施設ですね。また土日祝日限定で関空の裏側を見て回ることができる「わくわく関空見学プラン」(500円)も用意されていますよ。

5.灘浜サイエンススクエア/兵庫県神戸市

image by:神戸神戸製鋼所

体験しながら科学のことを学べる施設で、しかも入場無料と口コミ評価がとっても高いのが、神戸にある「灘浜サイエンススクエア」です。

神戸製鋼所(神戸製鋼)が運営する施設のため、鉄について学べるのはもちろん、科学の不思議や電気について、さらには自然についてなど子どもたちの好奇心をくすぐる展示が、なんと30種類以上そろっています。

その多くが体験型となっているので「科学」といっても難しくなく、飽きることなく楽しめますよ。

実験教室や自然教室、専門家を招いての講演会なども頻繁に行われているのですが、これも無料で参加できます。

実際に神戸のお母さん方に聞いてみると、「これが無料なんてすごすぎて、だからこそ人に教えたくない」なんてコメントがありました。

屋外にはビオトープもあり、生き物たちの姿を観察することもできます。科学や自然に興味がある子どもなら、夢中になりすぎて帰れなくなってしまうかも?

  • 灘浜サイエンススクエア
  • 兵庫県神戸市灘区灘浜東町2
  • 078-882-8136
  • 大石/摩耶/六甲道
  • 入館料:なし(駐車場無料)
  • 休館日:月曜(祝日の場合は翌平日)/年末年始/気象警報発表時
  • 9:30~16:30(入館16:00まで)
  • http://www.kobelco.co.jp/nadahama/science/
  • 臨時休館日:4月30日(火)~5月2日(木)/10月22日(火)

6.京都市市民防災センター/京都市南区

しっかり防災のことを考えたい方、将来は消防士やレスキュー隊員に憧れているというお子さんをお持ちなら、「京都市市民防災センター」がおすすめです。

同施設では強風体験、地震体験、避難体験、消火体験、4D映像を使った水害体験のコーナーなど、防災の意識を高めるさまざまな体験が用意されています。

どれもリアルに作られているので、小さな子どもだと怖がってしまうこともあるかもしれません。でも体験を通して実際に起った時にどうするのか、自然災害がどれほど怖いものなのかを家族で考える、良いきっかけになるのではないでしょうか。

  • 京都市市民防災センター
  • 京都市南区西九条菅田町7
  • 075-662-1849
  • 十条
  • 入館料:なし
  • 休館日:月曜(祝日の場合は翌平日)/第2火曜(祝日にあたる場合を除く)/年末年始
  • 9:00〜17:00 (防災体験等の受付は16:00まで)
  • http://kyotobousai-c.com/

7.水のめぐみ館 アクア琵琶/滋賀県大津市

琵琶湖の働きや水について学べる「水のめぐみ館 アクア琵琶」は、自然豊かななかにあるので、ドライブがてら目指してみるのもおすすめです。

琵琶湖の水がどのように活用されているのか、その水質や琵琶湖周辺の環境のことなどを学べる施設で、タイミングが合えばボランティアの方がとてもわかりやすく説明してくれますよ。

そしてアクア琵琶のメインは「雨たいけん」です。無料の雨合羽や長靴を着用して、1時間600ミリの豪雨を体験できます。

  • 水のめぐみ館 アクア琵琶
  • 滋賀県大津市黒津4-2-2
  • 077-546-7348
  • 石山寺/石山(各駅よりバス:南郷洗堰)
  • 入館料:なし
  • 休館日:不定休/年末年始
  • 9:30 ~ 16:30
  • https://www.kkr.mlit.go.jp/biwako/aquabiwa/

今回は関西を中心に無料で楽しめるスポットをご紹介しましたが、どれも楽しく学べるスポットなので、いくつかピックアップして回ってみるのもいいかもしれません。

子どもたちの興味関心にあわせて選べば、楽しい一日になること間違い無し。お財布にも優しい無料スポットへ、ぜひ出かけてみてはいかがでしょうか。

image by:PR Image Factory/Shutterstock.com

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

現在は都内の旅行会社で働きつつ、週末をからめた弾丸トラベラーとして世界各国を旅するアラサー女子

関西エリアでお得に遊ぼう。大人も大満足な「無料体験」スポット
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい