旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

奈良と鎌倉、もうひとつは?「日本三大仏」がある意外な県

坂本 正敬
坂本 正敬
2019/06/06

そもそも大仏とは何だろう?

image by:khong katesorn/Shutterstock.com

それぞれの主張を検討する前に、そもそも大仏とは何なのか一度おさらいしてみましょう。辞書で調べると、

<丈六(じょうろく)以上の大きな仏像。多くは坐像>(岩波書店『広辞苑』より引用)

と書かれています。インド北部の小国の王子として生まれ、7年の修業を経て悟りを開いたシッダールタを仏陀(ブッダ、英語ではthe Buddha)と呼びます。仏教の開祖ですね。

仏陀(ぶっだ)の身長は一丈六尺(約4.8m)だったといわれています。そのため、仏陀(ぶっだ)の姿を表す仏像は、多くの場合一丈六尺(丈六)で作られます。座った仏像の場合は、座高が半分の八尺(約2.4m)で作られます。少なくともこれらのサイズを超える仏像を大きな仏像、大仏と呼ぶのです。

image by/Shutterstock.com

兵庫大仏の大きさは座像そのものが11m、蓮台と台座を含めると18mで間違いなく大仏です。岐阜大仏も座像で高さ13.7m。しかも岐阜大仏は、乾漆の大仏として日本一の大きさを誇ります。木と竹と粘土で作った骨格にお経を張り、漆を塗って固め、その上に金箔が置かれている珍しい大仏なのです。

富山県の高岡大仏も座像自体が高さ7.43m、台座などを入れると15.85mに達します。3座ともにサイズで見れば立派な大仏である点に、疑いようはありません。

翻訳家/ライター。1979年東京生まれ、埼玉育ち、富山県在住。成城大学文芸学部芸術学科卒。国内外の紙媒体、WEB媒体に日本語と英語で執筆する。 主な訳書に『クールジャパン一般常識』(クールジャパン講師会)。

奈良と鎌倉、もうひとつは?「日本三大仏」がある意外な県
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 手ぶらで行って着物でぶらり。浅草散歩を「旅」にする着付け体験
 国内 【歴史ミステリー】なぜ「五重塔」は、いまもなお全国で造られるのか? ★ 88
 京都 10円玉でおなじみの「平等院鳳凰堂」は、こんなにも謎めいていた ★ 6
 東京 お寺の中に本格プラネタリウム。葛飾区・證願寺が色々とユニーク ★ 109
 佐賀 ここが変だよ有田町!移住者だから気づいたまちの「おもしろ」探し ★ 68
 奈良 ここ奈良県です。ヨーロッパの宮殿のような『奈良国立博物館』 ★ 53