人気の「シマエナガ」にはどこで会える?妖精のようなカワイイ姿を探して

Array
2022/11/18

SNSに投稿された写真から人気に火がついた「シマエナガ」という野鳥をご存じですか?冬には全身白くフワフワな羽に覆われることから「雪の妖精」とも呼ばれていて、基本的には北海道に生息している野鳥です。

最近では、写真集や関連グッズが販売されるほどの人気ぶりで、北海道旅行の際のお土産店などでも見かけたことのある人もいるのではないでしょうか。

「シマエナガ」image by:photoAC

では、そんなカワイイと話題のシマエナガには、実際にどこで会うことができるのでしょう。そこで今回は、シマエナガの目撃情報が多く寄せられている北海道内のスポットをご紹介していきます。

シマエナガ
シマエナガ
シマエナガ
シマエナガ
シマエナガ
シマエナガ
previous arrow
next arrow
※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウイルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

円山公園/札幌市

「円山公園」image by:photoAC

まずは札幌市にある「円山公園」です。札幌観光でもアクセスのよい同所では、敷地内各所での目撃情報があります。シマエナガは、地面を歩いているよりも、木に隠れていたり木の枝にとまっていることが多い野鳥ですので、敷地内の木々を見て回ると良いでしょう。

なお、円山公園では、シマエナガ以外にも、エゾリスなどの野生の小動物や多くの野草を観察することができます。シマエナガを探しながら、いろんな小動物や植物を観察してみると、よりシマエナガ探しを楽しむことができるでしょう。

また、円山公園には遊具のあるスポットやそり遊びができるスポットもありますので、シマエナガ探しをしつつ、家族で楽しい時間を過ごすこともできますよ。

  • 円山公園
  • 北海道札幌市中央区宮ケ丘3
  • 地下鉄東西線「円山公園駅」3番出口から徒歩約5分
  • 休園日:なし
  • 公式サイト

西岡公園/札幌市

「西岡公園」image by:photoAC

2カ所目は、先ほどと同じく札幌市内にある「西岡公園」です。西岡公園では、とくに「西岡水源池」の先にある、木が生い茂った道の周辺で目撃情報があります。この場所は、駐車場からまっすぐ歩いた場所にありますので、初めて行く方でも見つけやすいです。

なお、西岡公園は、数ある北海道の公園のなかでも遭遇率が高いというウワサも!一部のファンの間では、歩いているだけでシマエナガに気軽に会える公園だといわれているので、ぜひ足を運んでみてください。

また、最初にご紹介した札幌の円山公園と同じく、こちらの公園でもシマエナガのほかに、多くの動植物を観察することができます。豊かな自然が残りその地域に関係のある生物が生息していることから、環境省により「ふるさといきものの里100選」にも選ばれているんですよ。


  • 西岡公園
  • 北海道札幌市豊平区西岡487番地
  • 中央バス「西岡水源池」バス停から徒歩約1分
  • 休園日:なし
  • 公式サイト

野幌森林公園/札幌市・江別市・北広島市

「野幌森林公園」image by:photoAC

続いては、札幌市・江別市・北広島市にまたがる「野幌森林公園」です。敷地内の「記念塔連絡線」エリアで目撃情報があります。記念塔連絡線は、JR森林公園駅から徒歩で約20分のところにあり、記念塔口という入口から入るとすぐ。

なお、シマエナガは「チーチー」や「ジュジュ」という鳴き声が特徴ですので、その鳴き声をたどって探してみると良いでしょう。

同所の敷地面積は広く、東京ドームに換算すると、なんと439個分という広大な公園!その広さも相まって、園内ではシマエナガをはじめとする野鳥が約140種類も生息しています。ほかの野鳥の観察も楽しみながら、シマエナガ探しをすることができますよ。

  • 野幌森林公園
  • 北海道江別市文京台714
  • JR森林公園駅から徒歩約20分(記念塔口)
  • 休園日:なし
  • 公式サイト

旭山記念公園/札幌市

「旭山記念公園」image by:photoAC

4カ所目は札幌市にある「旭山記念公園」です。こちらでは敷地内にある「森の家」周辺の沢、吊り橋、林での目撃情報が多いそう。なお、森の家は管理事務所も兼ねている施設で、第一駐車場から南に歩いたミュンヘンの森の隣にあります。

ちなみにシマエナガは、同じくらいのサイズの野鳥と群れになって動いていることがありますので、鳥の群れが木にとまっていたら、そっと覗いてみると良いでしょう。

同所の公式サイトでは、毎週土曜日または日曜日に、1週間のうちに園内で確認された野鳥の情報が公開されています。「シマエナガ」という項目では、シマエナガが目撃された場所も紹介されていますので、お立ち寄りの際は事前にチェックしておくのがおすすめ。

  • 旭山記念公園
  • 北海道札幌市中央区界川4丁目1
  • JR北海道バス「旭山公園前」バス停から徒歩で約4分
  • 休園日:なし
  • 公式サイト

The Bird Watching Cafe/千歳市

image by:photoAC

最後は、「The Bird Watching Cafe」です。敷地内の森にある餌場には、毎年多くのシマエナガがやってきます。店内からその姿を見ることができますので、食事を楽しみながら、ゆっくり観察をしたり、撮影をすることができますよ。

さらにシマエナガをはじめ、年間80種類以上の野鳥がやってくるので、鳥好きの方にぴったりなお店。これまでご紹介したほかの場所と違って、散策する必要がないので、気軽にバードウォッチングを楽しめるはず。

店内に入ると、動物写真家であるオーナーによる写真ギャラリーもありますので、そこでも多くの鳥たちの姿を見ることができますよ。

  • The Bird Watching Cafe
  • 北海道千歳市蘭越90-26
  • 北海道中央バス「桂病院前」バス停から徒歩約1分
  • 公式サイト
寝起きの「シマエナガ」image by:photoAC

フワフワのカワイイ、まるで妖精のような「シマエナガ」は、北海道内の公園やカフェなど、さまざまな場所で目撃情報があります。北海道へ行った際は、ぜひ探してみてはいかがでしょうか。

  • image by:photoAC
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウイルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
いま読まれてます

元々インドア派だったはずが『恋する惑星』でウォン・カーウァイにハマり、初めての一人旅は上海へ。カメラ片手にどこへでも行くアクティブ旅女子になりました。現在は大学院に通いつつフリーライターとして、旅・アート・美容・ファッションをメインに活動しています。

エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
人気の「シマエナガ」にはどこで会える?妖精のようなカワイイ姿を探して
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます