旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

スイスには「Amazon」がない?気軽にネット通販を楽しむ裏技

「自宅で注文・自宅で受け取り」が便利なネットショッピングサイトといえば、Amazon(アマゾン)ですが、日本にも多くの利用者がいますよね。けれど、スイスにはないようで…。

今回は、スイスで暮らして10年のメルマガ著者であるojoさんが、ご自身のメルマガ「ojoの笑えるスイス生活」で、現地でもアマゾンを利用できるサービスをご紹介しています。

世界ではメジャーなのにスイスにはないもの

image by: Shutterstock.com

私が好きなもののひとつ。それはネットショッピング。洋服や靴は実際に試着してみないと分かりませんが、それでも口コミなどを参考についつい購入してしまうんです。日本にいるころは、アマゾンや楽天市場でのお買い物を楽しんでいました。

いまも日本のサイトでお買い物したものは実家に配送してもらい、夏の帰省まで保管しておいてもらうか、毎月送られてくる両親からの小包の隙間に入れて転送してもらっています。

先日は、楽天市場から母の日用のプレゼントにちょっとリッチなアイスクリームの配送予約をしました。スイスでも通販は人気があるようで、家電であったり衣料品であったりとみなさんネットショッピングを楽しんでいる様子。

我が家がよく利用するのはアマゾンなんですが…、実はスイスにはアマゾンがないのです。

そのため、ドイツやイギリスといった国外のアマゾンを利用しなければならないのですが、書籍やCDなどをのぞいては「この商品はスイスに配送できません」という表示が。

これが、ほとんどの品物がスイスへ配送不可なんですよね…。アマゾンなんてどこの国にでもあって、気軽にお買い物できるネットショッピングサイトだと思ったら大間違いだったのです。

アマゾンでお買い物をしたい場合、我が家はドイツのアマゾンを利用するのですが、商品はどこに送ってもらうかというと…。ドイツにある「小包の代理受け取りサービス」を利用するのです。


スイスとドイツの国境近くにはこういった代理受け取りのサービス店が点在しており、スイス国内には配送してもらえないドイツのアマゾンの商品を代理で受け取ってもらいます。

商品が届いたらメールで連絡が入り、受け取りに行くシステム。我が家が利用しているのは「Europaketshop」。届いた商品の保管料は以下の通り。

EuropaketshopのHPより

大きさや重さにもよりますが、大体数百円~1,500円程度で受け取ってもらえるので便利。「自宅で注文・自宅で受け取り」という通販の醍醐味がずいぶんと薄まっていますが。

先日、衣料などの保管カバーと子供たちのポケットゲームをいくつかドイツのアマゾンで購入。受け取りに行ってきました。

Europaketshop
Europaketshopの店内

この横に、受け渡しのレジがあります。

ここは我が家から一番近いスイスとドイツの国境付近となりますが、それでも車で片道約40分。

受け取りに行くのは少し大変ですが、ドイツのアマゾンは物価の差でスイスよりもお安く手に入るものもあり、所定の手続きをすると税金の払い戻しがあるのでお得にお買い物ができることもあるのです。

私はアメリカで売られている美容クリームをイギリスのアマゾンで購入。これもスイスには配送してもらえなかったので、ドイツの「Europaketshop」宛に送ってもらいました。保管料も高くなくて満足!

自宅にてネットで気軽に注文して、早ければ翌日に自宅で受け取れるアマゾン。アマゾンのように、家電から食料品まで品揃えが多い「ネットの百貨店」のような便利なサイトは、スイスの通販ではないらしいんですよね…。

もちろん「電化製品」「食料品」「衣料品」など、それぞれの分野の通販はありますが、いくつもお店のアカウントを持つのはわずらわしい限り。

30年以上日本で暮らし、いろいろな便利さに慣れてしまった私。スイスに嫁いだ最初のころは、こういった小さなことにも不便を感じていましたが、10年もいると慣れてきました。無駄にお買い物しなくなったから、それはそれで良いのかな!?

…その割にはちっともお金が貯まりませんが。

夏に日本に一時帰国する際は、スイスに持ち帰るものをネットショッピングで購入して、存分に「自宅deショッピング」を楽しもうと思います。

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

ojoこの著者の記事一覧

スイスのイメージはハイジ?マッターホルン?それともセレブな人々?
ハイジほど波乱万丈な人生ではないし、マッターホルンのように美しくもない、スイス在住ド庶民・ojo目線で、ちょっと笑えるスイス生活やスイスのお話をお届けします。

有料メルマガ好評配信中

  無料サンプルはこちらから  

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 ojoの笑えるスイス生活 』

【著者】 ojo 【月額】 初月無料!月額330円(税込) 【発行周期】 不定期

スイスには「Amazon」がない?気軽にネット通販を楽しむ裏技
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい