旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

まるで空中散歩。スリル満点の「ガラス張り」絶景スポット5選

セカイの旅路
セカイの旅路
2019/10/19

ゾクゾクするほどの見晴らしのよい高所は、つまり絶景が待っているスポットでもあるのです。

そこで今回は、ただ高いだけでなく足元が透けて見えるような、スリリングな絶景スポットをご紹介します。これは結構こたえるかも

ウィリス・タワー/アメリカ

image by:Shutterstock.com

「ウィリス・タワー」は、高さ442m110階建て。アメリカで2番目に高いビルです。タワーの103階には「スカイデッキ・シカゴ」という展望室があり、その一画にある「ザ・レッジ」というスペースは、まさに空中。浮いているような、不思議な気分を味わうことができます。

というのも、上下左右すべてガラス張りの小部屋が、なんと高さ412mもの位置にせり出しているんです。ザ・レッジは4つありますが、どれも行列ができるほどの人気スポットとなっています。

グランドキャニオン・スカイウォーク/アメリカ

image by:Shutterstock.com

次にご紹介するのは、「グランドキャニオン」にある展望橋。崖の上からU字形に橋がせり出しており、絶景をあらゆる角度から楽しむことができます。谷底までは1,200mもあり、覗き込むと足がすくみそうになるほどスリル満点。

崖から橋の先端までは、21m。ゆっくり歩いても崖まで戻ってくるのに5分程度しかかかりません。それでも、一度は訪れておきたいスポットです。

床は厚さ40cmの強化ガラス製。ですが、橋は一度に120まで歩けます。この人数、多すぎると思いませんか

グレーシャー・スカイウォーク/カナダ

image by:Shutterstock.com

グレーシャー・スカイウォーク」は、アルバータ州のジャスパー国立公園にあるアトラクション。

崖から強化ガラス製の歩道が35mせり出しており、下のサンワプタ渓谷までは280mあります。ちなみに280mというのは、パリのエッフェル塔の最上部にある第3展望台より4m高いのです。


歩みを進めた先には、氷河に滝、カナディアンロッキーの山々が広がっています。これは、チャレンジした方にしか見ることのできない絶景。ロッキーの雄大さを全身で感じることができるでしょう。

高校卒業から100カ国近くを旅した元バックパッカー。関西の編集プロダクションを経てフリーに。現在はタイを拠点にフリーの編集・ライターをしています。みんな、旅に出よう!

まるで空中散歩。スリル満点の「ガラス張り」絶景スポット5選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 和装が一番映える街、金沢。着物レンタルでカップル旅を格上げ