旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

まるで魚たちの運動会。水中写真家が魅了された海のアート作品

世界を繋ぐ広大な海。その海の中を泳ぐ生き物たちは、とても気持ち良さそうにさまざまな表情を見せてくれます。今回は、世界の海で出会った、生き物たちの貴重な水中写真をお届けします。

世界の海をカメラと一緒に「海中散歩」

キューバ image by:鍵井靖章

キューバ3日目の朝も海岸線に行って撮影した。週末だから洋上にパラパラとサーファーがいた。その写真でも良いかな?と思ったけど、少しを変化を。といってもキューバですが(笑)

素敵な海底を見つけてそこでカメラを構えて待っていると、必ずサメが接近してくれる。

「わ!またええとこに来てくれて!」みたいな感じでシャッターを切る。ある意味撮影が本当にしやすい海だった…です(笑)

キューバ image by:鍵井靖章

この海のたくさんを知ってやろう!ってナイトダイビングも全て参加したの。で、キューバ人ガイドがナイトで見せてくれたマクロのお魚が珍しくて、「ほっほ~ここのガイドもなかなかやるやん!」って思ったの。で、翌日潜ったら自分でも簡単にそのお魚が見つけることができたの。

図鑑で調べると「arrow blenny」だって。訳すと「矢のようなギンポ」ってことかな?夜にしか出てこない幼魚とかではなかったけど、見たこともないお魚に出会えるとやっぱり嬉しい(笑)

134R image by:鍵井靖章

これで5日間、毎朝、海へ。5時45分ごろ家を出て、6時少し前くらいから撮影に入る。終わりは6時半と決めている。5日目の朝は雲もなくてスッキリ。また違う色が見えたよ。

セノーテ・メキシコ image by:鍵井靖章

夜があける5時間前にこれ書いてます。海と写真を通じて仲良くなった友人のライブに行って、その後、彼と仲間たちで時間を重ねて帰宅しました。

友人はたくさんのスポットライトの下で唄い、奏でてました。カッコ良かったな!私のスポットライトも紹介します!見て!笑


ラジャアンパッド・インドネシア image by:鍵井靖章

海の中はいろんなことがある。そんなことは百も承知だけど…「これ?何?本気なん?」って写真を撮影しながら突っ込みたくなったわ!いや、突っ込んでたわ!(笑)この日はお魚たちの運動会だったの?

  • image by:鍵井靖章
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

毎日、決まった時間に海の写真を1枚お届けします。
毎朝7時に、1日の始まりの活力の源として、写真集を開くという特別な時間ではなく、皆さんの手のひらの中で、日常的に海の癒し写真作品を楽しんでいただけます。

まるで魚たちの運動会。水中写真家が魅了された海のアート作品
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます