旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

冬こそ食べたい旬の味覚。「フグ旅行」で行きたい人気エリアTOP5

赤池リカ
赤池リカ
2020/02/07

冬の海の幸といえば、寒ブリやカニなどがポピュラーですが、たまには濃厚な味わいと歯ごたえがクセになる「フグ」なんて頂いてみたいもの。

この度、阪急交通社が「冬の味覚」について調査を実施。そこで今回は、フグ関連ツアーで人気を集めている旅行先をランキング形式でご紹介していきます。

第5位 津和野/島根県

image by:tipwam / Shutterstock.com

第5位に選ばれたのは島根県の「津和野」でした。津和野は、山陰地方の小京都といわれる風情ある景色が特徴の街です。

フグの本場である山口県の下関に隣接しているため、下関直送の新鮮なトラフグを使った料理を提供する旅館、ホテル、料理店が数多く存在します。

第4位 広島市内/広島県

image by:Shutterstock.com

第4位には「広島市」がランクイン。広島と聞くと同じく冬の味覚「カキ」を思い浮かべますが、フグの人気も高いのかもしれませんね。

てっちりimage by:photoAC

広島市では、フグのちり鍋「てっちり」で食べることが多いようです。もちろんてっちりだけでなく「ふぐ刺し」を提供する料理店も多く、瀬戸内海で獲れた新鮮なフグが味わえます。

第3位 宮島/広島県

image by:Shutterstock.com

宮島」が第3位に選ばれました。

宮島にもフグ料理が味わえる店が多くあり、薄く切った刺身からフグ鍋まで味わえるのが特徴。さらにフグ料理を含んだ宮島観光ツアーも企画されています。


第2位 小倉・門司/福岡県

image by:Sanga Park / Shutterstock.com

第2位にランクされたのは福岡県の「小倉・門司」です。このエリアもフグの本場である下関が目と鼻の先にあるため、フグ料理が盛んです。


image by:photoAC

盛った皿の模様が透けて見えるほど薄く切った刺身から鍋まで、さまざまな料理を提供する店が数多く存在するエリアです。

第1位 萩・長門/山口県

image by:Shutterstock.com

1位に輝いたのは、山口県「萩・長門」エリアでした。このエリアは日本海、本場下関は同じ山口県ではあるものの反対側の瀬戸内海です。

image by:photoAC

それでも第1位に選ばれたのは、フグのにぎり寿司フグの唐揚げフグの刺身の3種が食べ放題で楽しめるツアーがあるからだと予想されています。

今回はフグ関連ツアーで人気を集めている旅行先ランキングをご紹介しました。

お鍋に刺身、唐揚げなど、旬の時期だからこそ食べたいグルメがたくさん。せっかくなら美味しいフグを食べに出かけてみませんか?

  • source:PR TIMES
  • image by:Shutterstock.com(イメージです。)
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

大学時代にドイツへ1年間留学。卒業後は旅行・グルメ・恋愛系のライターとして活動中。大好きなハンバーガーとビールのために、休日はボルダリングとヨガで汗を流す。

SBIネオモバイル証券 「Tポイントで株を買う」資産運用術とは?ポイ活の新しい出口戦略
SoftBank光 SB光への乗り換えで3.8万円キャシュバック&他社違約金も満額還元中!
保険見直し本舗 プロが無料で教える!無駄な保険をリストラしつつ保障を維持する方法
冬こそ食べたい旬の味覚。「フグ旅行」で行きたい人気エリアTOP5
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます