旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

マスクを捨てて、旅に出よ。花粉からサヨナラする「避粉」プログラム爆誕

村田由美子
村田由美子
2020/02/04

近年、花粉症の方が年々増えてきているといわれています。平成28年に実施された東京都の花粉症患者実態調査では、都民の2人に1人が花粉症という衝撃の結果となりました。「花粉から逃れられるなら何でもする」と思ってしまうほど、苦しんでいるという方もいるかもしれませんね。

そしてそんな方にぴったりな場所が、花粉から避難できる避粉地沖縄県・竹富島です。竹富島では台風に耐えられないため、背の高いスギやヒノキがありません。そのため、都会で花粉を避けるためにしていたマスクや眼鏡を外して、快適に過ごすことができるのです

そして今回、竹富島の滞在型リゾート「星のや竹富島」は、2020年2月1日から5月31日(日)の期間に「花粉さよなら滞在」を実施することを発表しました。その気になる内容について、早速ご紹介します。

花粉のある土地に戻る前に、体を調える

image by:@Press

竹富島の東に位置する、琉球赤瓦の集落「星のや竹富島」。約2万坪の敷地には、島内の家々と同じように「竹富島景観形成マニュアル」に従い、伝統を尊重して建てた戸建の客室、白砂の路地、プール、見晴台などがあり、小さな集落が構成されています。

今回の「花粉さよなら滞在」企画は、スギやヒノキのない竹富島で花粉のストレスから解放されてリフレッシュする花粉症の方に向けた2泊3日のプログラムです。

春に毎年訪れる花粉のわずらわしさから解放されて、ピクニックや日向での昼寝、朝日や星空の下でのストレッチと深呼吸を思いきり楽しみリフレッシュできるという、夢のような内容が待っています。

image by:@Press

まずは「ミントとシーショ(紫蘇)のハーブバス」から。香りに清涼感のあるミントとシーショを浮かべたお風呂に浸かり、全身の花粉を落とします。髪や顔についたわずらわしい花粉も洗い流し、爽やかなミントとシーショの香りで、すっきりとした気分になることができます。

image by:@Press

続いて「ハーブウォーターづくり」にチャレンジ。施設の畑で好みのハーブを収穫して、ハーブウォーターを作ります。爽やかで甘みのある香りの月桃や、くせのないすっきりとしたホーリーバジルがおすすめとのこと。

作ったハーブウォーターは、部屋にまいたり、寝具や衣類に吹きかけたりして使うことができます。ハーブの香りに癒され、花粉のストレスを和らげながら、家に戻っても旅の思い出に浸ることができそうです。


image by:@Press

さらに、ピクニックや日向でくつろぐひとときを満喫する清々しい朝に、島の西側の海辺で「うりずんピクニック」を満喫します。春の穏やかな風を感じながら、島豆腐のベーグルや紅芋のポテトサラダを使ったバケット、季節のフルーツを楽しめる贅沢なコースです。

沖縄では、冬が終わりだんだんと暖かくなる春分から梅雨入りまでの時期が「うりずん」と呼ばれています。気温が約20~25度で雨も少ないため、1年で最も過ごしやすい時期です。

春の心地よい陽気の下で、花粉を気にせずのんびりと朝のひとときを過ごせるのは、花粉が舞う地域では考えられない過ごし方。客室の庭にはチェアモックが設えられており、そよ風が吹き抜ける過ごしやすい気候の中で好きなだけ読書や昼寝をしてゆったりと寛げます。

image by:@Press

そして、朝日や星空の下で行う深呼吸とストレッチで心を落ち着けるコースも。花粉がある環境ではなかなかできない深呼吸を、ストレッチと合わせて竹富島の澄んだ空気の中で行います。

朝は、施設から歩いて5分ほどの場所にある「アイヤル浜」で朝日を浴びながら深呼吸とストレッチを行う「よんなー(ゆっくり)深呼吸」で、体をしっかりと目覚めさせます。

image by:@Press

夜は、プールサイドで星空を眺めながらストレッチを行う「てぃんぬ(天の)深呼吸」で心身を調えて眠りへと誘います。澄んだ空気の中で、地球の息吹を感じられる時間を過ごせそうです。

image by:@Press

滞在中に受けるスパトリートメント月桃の眠(にんぶん)」は、月桃のアロマオイルで行う全身と顔、ヘッドのトリートメントです。体をゆっくりとほぐしながら、リラックスへと誘います。

乾燥しがちな春の顔に月桃とコラーゲンのマスクを施し、肌を潤いで満たします。そして、客室に用意されているのは、敏感肌の方でも安心して使用できるアメニティ。花粉の影響で傷んだ髪や過敏になっている肌を、ヘアオイルや化粧水でしっとりと調えることができます。

避粉地の沖縄県・竹富島で花粉によるストレスから解放されてリフレッシュできる、「花粉さよなら滞在」。梅雨入り前まで開催されているこのプログラムで、ひとときの天国を体験してみてはいかがでしょうか。

  • 花粉さよなら滞在
  • 1名5万円(税・サービス料・宿泊料別)
  • 期間:~2020年5月31日(日)※除外日:ゴールデンウィーク
  • 公式サイト
  • 定員:1日1組(1組2名まで)/公式サイトより14日前までに予約 
  • 星のや竹富島
  • 沖縄県八重山郡竹富町竹富
  • 0570-073-066(星のや総合予約)
  • 石垣港よりフェリーで約10分/竹富港より送迎有
  • 1泊7万5000円~(1室あたり、税・サービス料別、食事別/通常は2泊より)
  • 星のや公式サイト
  • source:@Press
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

ライター歴14年。美容師として働いていた時に出会った映画『ロード・オブ・ザ・リング』三部作に多大な影響を受けライターへと転身、多数の現場取材やインタビューを行う。海外プレミア/レッドカーペット・イベントへ足を運ぶことがライフワーク。

マスクを捨てて、旅に出よ。花粉からサヨナラする「避粉」プログラム爆誕
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます