旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

地獄どころか天国だ。江戸時代から続く美肌の湯、大分別府「明礬温泉」

Array
2020/02/15

明礬名物、湯の花と地獄蒸しプリン

湯の花製造小屋 image by:小林繭

明礬温泉名物として知られるのが「湯の花」です。三角屋根の藁葺き小屋の風景はこの温泉郷の風物詩ともいえ、ここではいまでも江戸時代から続く伝統的な製法での湯の花造りが行われているのです。

この湯の花造りは「別府明礬温泉の湯の花製造技術」として国の重要無形民俗文化財にも指定されているものなので、せっかく明礬温泉を訪れたならぜひ湯の花造りについても少し学んでみましょう。

湯の花製造 image by:小林繭

温泉郷の端には湯の花製造直売所となる「明礬 湯の里温泉」があり、湯の花の購入はもちろん、実際に湯の花小屋のなかをのぞいたりしながら製造工程を知ることができます。

同施設は温泉も人気で、見晴らし抜群大きな露天風呂や湯の花小屋を模した家族風呂など、日帰り温泉施設が素晴らしい!と評判です。

レストランや展望喫茶もあるため、日帰りで明礬温泉を訪ねる人におすすめですね。明礬温泉に宿をとっていても時間があったら立ち寄り湯で温まり、湯上りのビールでも飲みに浴衣で出かけたくなるような温泉です。

  • 明礬 湯の里温泉
  • 住大分県別府市明礬温泉6組
  • 0977-66-8166
  • 大露天岩風呂・内湯:大人600円、小人(4歳〜小学生)300円
  • 大露天岩風呂・内湯10:00~21:00(受付20:00まで)/家族湯10:00~21:00(受付20:00まで)
  • 公式サイト
image by:小林繭

さてさて、同エリアの名物としてもうひとつ忘れてはならないのが「岡本屋の地獄蒸しプリン」!

image by:小林繭

地獄蒸しを名物とする別府の各温泉ではプリンが大人気となっていますが、その元祖ともいえる存在が岡本屋の「地獄蒸しプリン」なんです。ここのプリンは卵黄しっかりの固め&濃厚タイプ。苦味の効いたカラメルとの相性もバッチリで、いくつでもペロリといけます。

散策途中にペロリ、湯上がりにペロリ、と極うまプリンを楽しむのが別府流。お土産としても人気の商品で、岡本屋売店はいつも大勢の観光客で賑わう明礬温泉一番の人気スポットとなっています。

展望岩風呂「山の湯」image by:小林繭

土産物屋さんだけでなく、山小屋風の展望岩風呂「山の湯」や「貸切家族風呂」もありますよ。


  • 明礬温泉 岡本屋売店
  • 住大分県別府市明礬温泉6組
  • 0977-66-8166
  • 定休日:なし
  • 8:30~18:30
  • 公式サイト

大型ホテルが建ち並ぶにぎやかな別府温泉とはまったく異なる趣の明礬温泉は、静かにゆっくりと温泉を堪能するのに最高の場所。ひとりの温泉旅にも、自信を持っておすすめします!

この類い稀な泉質を誇る明礬温泉に行かずして、別府温泉は語れません。二度目の別府なら、ぜひとも明礬温泉に足を運んでみませんか?

  • image by:岡本屋
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

東京生まれ、湘南生息中のフリー編集ライター。沖縄、ハワイ、島、旅モノやロハスネタを発信中。All About沖縄ガイド。目下、踊れる編集ライター目指し趣味のフラメンコに取り組む日々。

WebSite

地獄どころか天国だ。江戸時代から続く美肌の湯、大分別府「明礬温泉」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます