旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

地獄どころか天国だ。江戸時代から続く美肌の湯、大分別府「明礬温泉」

Array
2020/02/15

マニアなら思わずヨダレもの、強酸性の共同温泉に野湯も!

image by:小林繭

ついつい一癖も二癖もありそうな個性的な温泉に軍杯をあげたくなるのがマニアの困ったところですが、明礬温泉の共同温泉は、なかなかの泉質。旅館に宿泊せずとも「鶴寿湯」へ足を運べば、口に含むとまるでレモンのような酸っぱさが特徴の強酸性の湯を堪能できます。

こんな美肌の湯に毎日浸かったら、つるっつる茹でたまごのような美肌も夢じゃないかもしれません。ちなみに、基本的に共同温泉の使用料は無料となっていますが、使用時には入り口にある賽銭箱にいくらかの小銭を感謝の気持ちとして入れるのがいいでしょう。

image by:小林繭

共同温泉はあくまで地元の人々のためにある施設だとうことをお忘れなく。“お邪魔させていただいています”の気持ちで、挨拶もしっかり。湯に浸かりながら地元の人とかわすちょっとした会話は共同温泉ならではのお楽しみ。会話を楽しみつつ、のんびりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

  • 鶴寿湯
  • 大分県別府市明礬3組
  • 休館日:年末大掃除日(不定)
  • 7:00~20:00
  • 別府市-鶴寿泉

温泉マニアなら各所「野湯」も外せない

image by:小林繭

さらに、山の麓に位置する明礬温泉は少し足を伸ばせば「鶴の湯」「へびん湯」など野湯のあるポイントにも行くことができます。野湯は天候や気温などさまざまなコンディションにもより、行けば必ず温泉を楽しめるというものではありませんが、温泉マニアにとってはたまりません。

野湯めぐりを目的に明礬温泉を訪れる旅…なんていうのは通のお楽しみかもしれませんが、時間があればちょっと足をのばしてみるのもいいかもしれませんね。

いま読まれてます
地獄どころか天国だ。江戸時代から続く美肌の湯、大分別府「明礬温泉」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます