旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

屋根の上の個性派シーサーを探して。古き良き風情を残す「竹富島」

Array
2021/09/21

沖縄では一般的なシーサーが、竹富ではなぜか変顔?!

家の守り神であるシーサーは沖縄では一般的ですが、竹富島の家の屋根に鎮座しているシーサーたちは、どこかひょうきん。

聞くところによると、全員違う顔と体形をもっているんですって。なんでも竹富島にはシーサー職人がいなかったので、瓦職人が片手間に造っていたそうです。

image by:Haru

そのため本職でなかった瓦職人作のシーサーは、自由に制作され、製作者それぞれの個性が出てしまったんです。

キリッとしたシーサーのイメージはここにはなく、どこか愛嬌のある表情が多く、ついついじっくりと見てしまいます。気になるシーサーを探してみるのも楽しいかもしれませんね。

シーサーが目印の観光案内所 image by:Haru

だいたいは正面を向いて「がぉ~」な姿ですが、横を向いて「わぁ~」といった感じの姿や、「尻上がりの幸運」を願ってお尻をツンと高く上げているシーサーも多くいます。

でもやっぱり目が行くのはその個性的な姿。とにかく愛嬌があるので愛おしくなって一匹お持ち帰りしたくなったほどです。

もはやシーサーではなくオブジェと化すバッカス風シーサー image by:Haru

塀の上のシーサー君はムチムチ。もはやオブジェとなっているものも多く、酒瓶を抱えたシーサーもいました。

ほかの島とは全然違う趣をもち、シーサーが楽しい竹富島は、印象深いものとなるのではなでしょうか。石垣島の海もきれいだけれど、竹富島の海岸線に広がる海の美しさは、驚くほど。

目と鼻の先の石垣港に戻ると「現代に戻った!」と思うほど、ノスタルジックな気分が味わえる竹富島。訪れた際は、ぜひ個性的なシーサーを探してみてはいかがでしょうか。


  • image by:Shutterstock.com
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
いま読まれてます

現在は都内の旅行会社で働きつつ、週末をからめた弾丸トラベラーとして世界各国を旅するアラサー女子。

屋根の上の個性派シーサーを探して。古き良き風情を残す「竹富島」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます