旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

国境を越えてドイツまで。お肉売り場で気をつけたい日本にはないルール

Array
2020/03/11

スーパーに併設されたレストランで本格グルメを堪能

本場ドイツでソーセージを見ていると、食べたくなりますよね…。そんなときは、スーパーマーケット内に併設しているレストランへ。エデカの大型店であれば、大体レストランを併設しています。

image by:ojo
メニュー image by:ojo

ソーセージが食べたかった私は、迷わずドイツビール&ソーセージ。カリーブルストがあったので注文しました。

「カリーブルスト」とは、スパイスの利いたケチャップやカレーソースに、カレー粉を振りかけた、ドイツ・ベルリンの名物なんです。

ドイツビール(Rothausはドイツのビールメーカー) image by:ojo
image by:ojo

カリーブルストには小さなパンかフライドポテトがつくのが一般的なようですが、ここではフライドポテトがついてきます。

ビールをあまり飲まなくなった私ですが、やっぱりソーセージとビールは美味しい!昼間っからアルコールを飲んでいても、誰も変な目で見ないのが欧州のいいところです。

ちなみに、今回注文したビールは300mlで2.3ユーロ(約280円)、カリーブルストは4.9ユーロ(約600円)とリーズナブル。子ども用の食器や遊び場がある店舗もあるので、子連れにもお財布にも優しいレストラン。

軽く食事をとりたいときやちょっと休憩したいときなど、スーパー併設のレストランはオススメです。


  • image by:Sorbis / Shutterstock.com
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
ojoこの著者の記事一覧

スイスのイメージはハイジ?マッターホルン?それともセレブな人々?
ハイジほど波乱万丈な人生ではないし、マッターホルンのように美しくもない、スイス在住ド庶民・ojo目線で、ちょっと笑えるスイス生活やスイスのお話をお届けします。

有料メルマガ好評配信中

  無料サンプルはこちらから  

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 ojoの笑えるスイス生活 』

【著者】 ojo 【月額】 初月無料!月額330円(税込) 【発行周期】 不定期

SoftBank光 SB光への乗り換えで3.8万円キャシュバック&他社違約金も満額還元中!
保険見直し本舗 プロが無料で教える!無駄な保険をリストラしつつ保障を維持する方法
国境を越えてドイツまで。お肉売り場で気をつけたい日本にはないルール
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます