旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

ドライブにも最適。茨城県「国営ひたち海浜公園」に咲く絶景のコキア

Array
2021/10/07

海と山という双方の魅力を持ち、首都圏からも近い茨城県。都市と自然もバランスよく機能している理想的な県のひとつで、自然豊かな茨城県には、四季折々の魅力を感じられるスポットが数多くあります。

今回ご紹介するのは、同県のなかでも最も知名度が高く、多くの人が訪れているひたちなか市の「国営ひたち海浜公園」です。

「花の名所」として名高いこの大きな公園で、1年のなかでも見どころの季節といえる秋の紅葉風景について、2021年の見ごろや開催イベント、アクセス方法とご一緒に紹介します。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

「国営ひたち海浜公園」の見どころは?

image by:Shutterstock.com

茨城県ひたちなか市の太平洋岸で、およそ350haという広大な土地を持つ「国営ひたち海浜公園」。日本の国営公園で、その広さはかつて東京ディズニーランドの候補地にもなっていたほど。

公園内は7つのエリアに分かれ、それぞれにユニークな自然を生かした遊び場が多数作られています。なかでも「みはらしエリア」にある「みはらしの丘」が、あまりにも絶景だと人気が爆発しました。

「みはらしの丘」は、ひたちなか市内で最も高さがあり、視界を遮るものがないため、大きな空をバックに、ゆるやかなカーブを描く丘に咲き乱れる四季の花々を思う存分眺めることができます。

冬の雪景色が終わると、春は吸い込まれそうな透明感あるブルーのネモフィラが咲き、夏にはコキアが鮮やかなグリーンに丘を染め上げます。そして、秋は真っ赤な紅葉に変化したコキアと、可愛らしいピンクのコスモスで彩られるのです。

image by:Shutterstock.com

コキアは約1000年前に日本へやってきた植物で、枯れ枝がほうきの材料になったことなどから、和名で「ホウキグサ」とも呼ばれています。剪定をしなくてもふんわりと丸い形に育つのが魅力で、たくさん並んでいる姿は、まるでモコモコの生きものが大集合したかのよう。

この時期には、「みはらしの丘」を真っ赤に紅葉したコキアが埋め尽くす光景を見ながら楽しめる秋のお祭り「きて みて さわって コキアカーニバル」が行われます。


秋晴れの空の下でコキアを楽しめる大人気の一大フェスティバル。存分にコキアを触ることができるのも、ワクワクしてしまうポイントです。

絶景のベスト季節・時間帯は?

おすすめの見ごろ:例年10月中旬

image by:iceink/Shutterstock.com

9月下旬からコキアは紅葉がはじまり、10月中旬に最も見ごろを迎えます。コキアカーニバルも同時期に開催。イベントのクライマックスがコキアの最盛期に合わせてあるのも素敵ですね。

見ごろの時間帯:晴れた日の日中&夕暮れ

コキアの真っ赤な紅葉がかすれることなく綺麗に見えるのは、やはり晴れた日の日中です。自然光で見るコキアたちは、まさに絶景。青空とのコントラストも見事で、写真を撮る手が止まらなくなりそうです。

そして、もうひとつのおすすめが夕暮れ時。「みはらしの丘」からは夕日も美しく見えますが、そんな夕日のオレンジ色に照らされたコキアたちは、まるでひとつひとつが宝石のように輝いて見えますよ。

簡単なアクセス方法は?

おすすめ:「勝田駅」東口のバス2番乗り場から「海浜公園西口」

image by:K.O.Photography/Shutterstock.com

国営ひたち海浜公園へは、JR常磐線「勝田駅」東口のバス2番乗り場から「海浜公園西口」まで約15分。そして2021年10月2日(土)~11月3日(水祝)の土日祝日の期間限定で直行バスが「勝田駅」東口から「海浜公園西口」まで運行しています。

また、コキアの見ごろの時期のみ、ひたちなか海浜鉄道「阿字ケ浦駅」から「海浜公園海浜口」まで無料シャトルバスが出ています。

車でアクセスする際は、北関東自動車道の「ひたち海浜公園IC」を降りてすぐ。常磐自動車道の方は、「日立南太田IC」を降り、約15kmほどで到着が可能です。

公園内には有料の駐車場が「西駐車場」「南駐車場」「海浜口駐車場」の3つあるため、目的地に合わせてチョイスを。みはらしの丘のコキアを目指すかたは、西駐車場が最寄りとなっています。

2021年のコキアカーニバルは10月2日(土)〜10月31日(日)まで。期間中毎日開園しています。

生きもののようにフワフワ、モコモコのキュートなコキアが真っ赤に染まり、丘を華やかに彩る光景は、ひたち海浜公園の秋限定の絶景です。この秋はコキアの丘を訪れて、夢のような光景に見入ってみてはいかがでしょうか。

  • 国営ひたち海浜公園
  • 茨城県ひたちなか市馬渡字大沼
  • 勝田
  • 大人(高校生以上)450円/シルバー(65歳以上)210円/小・中学生 無料
  • 定休日:月曜(祝日の場合はその翌日)※季節により変動あり
  • 9:30~17:00 ※季節により変動あり
  • 国営ひたち海浜公園公式ホームページ
  • image by:Piith Hant/Shutterstock.com
  • ※イベントに関する情報は変更になる可能性があるので、必ず事前にご確認ください。
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
  • ※本文内容を一部修正しました(2021/10/08)。
いま読まれてます

大学時代にドイツへ1年間留学。卒業後は旅行・グルメ・恋愛系のライターとして活動中。大好きなハンバーガーとビールのために、休日はボルダリングとヨガで汗を流す。

お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちら

ドライブにも最適。茨城県「国営ひたち海浜公園」に咲く絶景のコキア
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます