旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

日本のすごい海、見ぃつけた!未来のために守りたい海中の秘境地

夏本番を迎え、海でレジャーなどのお出かけを思いっきり楽しみたいところですが、まだまだ新型コロナウイルスは、収束の兆しが見えない現状が続いています。

それでも海は、コロナで疲れた私たちの心を癒してくれる場所のひとつ。そして、またいつかきっと楽しめる時期がくるはず!

その日を心待ちに、美しい海の景色に癒されてみませんか?

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

いつか行きたい、日本のすごい海

撮影地 福岡 小呂島 image by:鍵井靖章

「レゴ」というポイントだったのですが、最初はイサキの群れに囲まれ、日本海独特の色をしたソフトコーラルが群棲する傾斜には、キンメモドキがまるで雲のように群れていました。

こんなキンメモドキの群れ方を外国でも見たことがない…。日本のすごい海、見つけた!

撮影地 福岡 小呂島 image by:鍵井靖章

正直レゴというポイントは、たくさんの人に教えたくないほど秘境感があり面白い。まず魚影がすごい。そして、人の背丈ほどのソフトコーラルがたくさん群棲している。玄界灘を代表する看板ポイントに間違いない。

撮影地 福岡 沖ノ島 image by:鍵井靖章

沖ノ島で最後にサプライズありました!!!!!!!すべてのダイビングを終えて、昨年、イルカがいた場所に「いるかな????」「いた!!!」今期、2回目!みんなでスノーケリングを楽しみました!

今夏も居着いてたくさんの人に幸せを与えてほしいな!

撮影地 福岡 沖ノ島 image by:鍵井靖章

阿嘉島でも光のポイントはいくつか行ったけど、玄界灘の光のポイントも本当に素敵だった。海にはそれぞれ違う魅力がありますね。国内でもいまさら、再確認してます…。


撮影地 フィリピン image by:鍵井靖章

やはり現地に行かなとわからないことがありますね。海岸線に漂着する大量の大きな発泡スチロールは周辺の養殖業者、いわゆる漁師さんのゴミ。誰が出したか明確なゴミでも、その当事者たちはゴミの撤去に動こうとしない。

????????なんなんだこれは。でも海岸線に大量のゴミがあるのは事実。そんな細かいことはいわずにそのゴミを清掃できるように、動き出せるように大きな心を持つ人でありたい、と願う。

海の生きものために子どもたちのために。未来のために。

  • image by:鍵井靖章
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

毎日、決まった時間に海の写真を1枚お届けします。
毎朝7時に、1日の始まりの活力の源として、写真集を開くという特別な時間ではなく、皆さんの手のひらの中で、日常的に海の癒し写真作品を楽しんでいただけます。

日本のすごい海、見ぃつけた!未来のために守りたい海中の秘境地
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます