旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

机でそのままハイボール!500円で60分飲み放題「大衆ジンギスカン酒場ラムちゃん」

2019年7月、千葉県・柏市にオープンした「大衆ジンギスカン酒場ラムちゃん」。新鮮なジンギスカンとともにハイボールを楽しめるお店として人気を呼び、11月には東京・御徒町へ進出。

そんな「大衆ジンギスカン酒場ラムちゃん」の魅力は、なんとすべての机ハイボールタワーが設置されているということ。

しかも飲み放題のお値段は、驚愕の500円!ほかにもあらゆるサービスが詰まったお店の魅力について、改めてチェックしておきましょう!

好きなときに注いで好きなだけ飲めるハイボールタワーが夢のよう…

image by:PR TIMES

ラム肉の代表的な料理といえば「ジンギスカン」。ラム肉は牛や豚などと並びポピュラーになりつつあり、いまではジンギスカンの専門店もどんどん増えています。

カルチニンという、脂肪をエネルギーに変化させるために必要な栄養素が多く含まれているラム肉は脂肪燃焼の効果も高いとされ、さっぱりとした赤身肉なのもヘルシー。「ダイエット中だけどお肉料理を食べたい!」というかたにも、もってこいの食材です。

image by:PR TIMES

いま注目を集める「大衆ジンギスカン酒場ラムちゃん」は、そんなジンギスカン専門店のひとつ。「酒場」と銘打たれながらも、本格的なジンギスカンを食べることができる名店なのです。

image by:PR TIMES

選び抜かれた岩塩で締め、低温熟成の仕込みがされたラム肉は臭みも取れ、どれも柔らかく旨味がたっぷり。

ラム肉と野菜が盛り合わせとなったほど良い量のセットから食べ放題コース、さらにラムソーセージやラムチョップまでがそろい、満足度の高いジンギスカンを堪能できます。

また、4日間の熟成が行われたオリジナルの絶品「熟成たれ」もハマってしまう味わい。さらに、サラダやポテトフライ、漬物やスープなどの豊富なサイドメニューも、お値段は180円~380円までと、とてもリーズナブルな設定です。


image by:PR TIMES

例えば、ほうじ茶割りで食べる「〆のつけ麺」も280円!メインのジンギスカンだけでも魅力的なのに、脇を固める布陣の最強さに、ついつい食べ過ぎてしまいます。

image by:PR TIMES

そして同店最大の注目ポイントは、ジンギスカンとともにお酒を楽しみたい人へ向け、ハイボールが60分間500円で飲み放題となること。しかも全テーブルにハイボールタワーがあるため、飲みたいときに自分で好きなだけ注ぐことができるのです。

ここ数年ほどで一気に人気を伸ばしてきたハイボール。ウイスキーを炭酸で割って飲むハイボールは「蒸留酒」の糖質の低さや、ビールなどに多いプリン体も抑えられているなど、日常的にお酒を飲む人にとっては良いことづくめなのです。

新型コロナウイルスの影響から、ソーシャル・ディスタンスや3密などの感染予防行動が徹底されている状況もあり、テーブルから動かずしてお酒をお代わりできるというのも安心できる要素。家族や仲間と一緒に、思う存分飲んで食べることができますよ。

ウイスキー「角」のハイボール飲み放題には、カットレモンとお代わり自由の氷つき。延長も30分・300円と、これまた延長しやすいお値段設定です。

image by:PR TIMES

量を気にせずいっぱい食べて飲みたいというかたは「食べ飲み放題コース」を。主役の「塩〆熟成ラム肩ロース」「漬け込みラム肩ロース」に加え、ラムソーセージ・ラムチョップ・鶏モモ、そして各種野菜の食べ放題、さらに角ハイボールが飲み放題です。

もちろん白米や〆の麺も食べ放題で、気になるお値段は90分3,480円(税別)というという大奮発のこのコース。お腹も心も満足できる、スペシャルな内容です。

新型コロナウイルスの影響で、外出自粛を余儀なくされてきた2020年。思いっきり食べて飲んで、年末に向けての健康パワーチャージをしてみてはいかがでしょうか。

  • 大衆ジンギスカン酒場ラムちゃん 御徒町店
  • 東京都台東区上野5-20-15 第二御徒町橋高架A
  • 03-6806-0194
  • 御徒町
  • 16:00~24:00(L.O.23:30)
  • 定休日:不定休日あり(年末年始など)
  • 公式サイト
  • source:PR TIMES
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

神奈川出身川崎市出身。平成生まれの編集ライター。お酒とカメラにお金を使いすぎて、取材以外はすき家のチーズ牛丼がごちそうです。

机でそのままハイボール!500円で60分飲み放題「大衆ジンギスカン酒場ラムちゃん」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます