旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

理解ができない…外国人が不思議に思うニッポンの5つの謎

Array
2020/12/26

なぜクリスマスではなく、年末年始に休むの?/アメリカ出身

image by:PangJee_S / Shutterstock.com

最後は、日本で働くアメリカ人の意見です。日本にかなり長く暮らすその人は、年末年始の過ごし方について、いろいろ突っ込みたいところがある様子です。特にクリスマス年末年始の休み方のギャップは、いまだになじめないのだとか。

日本の企業の場合、年末年始には数日〜1週間くらいの休みが設けられます。

しかし、欧米の企業は、新年を挟んだ年末年始に長期の休みはありません。

大みそかも仕事を早めに切り上げる程度で、一般的に1月2日から仕事が始まるといいます。その代わりに、欧米の人はクリスマス休暇をしっかりととります。

image by:Nami Uchida / Shutterstock.com

アメリカの友人からすれば、日本流のスタイルを尊重したい気持ちがありながらも、クリスマスではなく年末年始の長期休暇に、いまだにギャップを感じているのだとか。

日本ではクリスマスは祝日になりませんから、クリスマス休暇がないという異文化に対して戸惑ってしまったのかもしれませんね。

このように私たちにとっては当たり前のように過ごしていることでも、外国人にとっては「一体、なぜ?」と疑問に思うこともたくさんあるようですね。

今回は、さまざまな国出身の外国人に日本の年末年始についてお話を伺ってみましたが、なかには「たしかに、なぜだろう?」と思うこともあったのではないでしょうか。

もちろんまだまだ気づいていないだけで、隠れているニッポンの不思議もあるはず。皆さんも何かの機会で外国人と話す機会があれば、日本で不思議に思う風習や習慣について聞いてみると、新しい発見があるかもしれませんよ。


いま読まれてます

翻訳家・ライター・編集者。成城大学文芸学部芸術学科卒。富山在住。主な訳書『クールジャパン一般常識』、新著(共著)『いちばん美しい季節に行きたい 日本の絶景365日』。北陸のWebメディア『HOKUROKU』創刊編集長。WebsiteTwitter 

理解ができない…外国人が不思議に思うニッポンの5つの謎
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます