旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

まるで芸術の宝石箱。アマン京都がおくる贅沢な「苺と桜のアフタヌーンティー」

Array
2021/03/19

暖かい日が増え春本番を感じる今日このころ、いよいよ旬を迎える食材の代表といえば「イチゴ」。季節を感じるスイーツをたっぷり楽しめるアフタヌーンティーでも、各地でいちごを主役にしたメニューが目白押しとなっています。

京都の森に佇むプライベートリゾート「アマン京都」では、和菓子仕立ての「苺と桜のアフタヌーンティー」、そして飴細工のいちごが輝く8重層もの繊細なパフェ「苺 Art of Strawberry」が登場。一流の空間で味わういちご天国について、早速ご紹介します。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

すべてが芸術。森の庭園に建つアマン京都で味わう、宝石のようなイチゴたち

image by:PR TIMES

2019年、京都の鷹峯三山のふもとにある洛北の森に誕生した「アマン京都」。約2万4,000平方メートルという広大な敷地を擁し、深い緑に静謐な空気が漂うプライベートリゾート。

アマンらしいモダン建築も相まって、まるで隠れ家のような雰囲気が京都の庭園に溶け込み「古都の新しい魅力に触れることができる」と絶賛を集めています。

今回の舞台となるのは、「リビング棟」のオールデイダイニング「ザ・リビング パビリオン by アマン」。旬のいちごをたっぷりと堪能するためのプランはなんと2つに渡り、そのどちらも究極のものといえる仕上がりとなっています。

image by:PR TIMES

1つ目のプランは、苺と桜を主役にしたアフタヌーンティー。洋のイメージが強いアフタヌーンティーですが、アマン京都では美しい2段のお重に和菓子モチーフのスイーツが並ぶ「和のアフタヌーンティー」を味わうことができます。

まずは、はじまりの「桜茶」が登場。ふんわりと桜の絵が浮かび、春いっぱいの香りが広がります。メインの重箱が運ばれてくる前に、すっかり心を掴まれてしまうこと間違いなしのスタートです。

1段目の重箱には、春の厳選食材を駆使したセイボリーがズラリ。食感もパリッと楽しめる「フォアグラと苺の最中」、キラキラと光るイクラが散りばめられた「スモークサーモンのキッシュ」、旬の食材・桜海老と筍の「(ちまき)」など、総料理長の鳥居健太郎氏による特別な一品が詰まっています。

そして2段目には、ビジュアルを和菓子に見立てて仕上げられたスイーツが大集合。


イチゴそのものにしか見えない一粒チョコレートや、ふきのとうで作られた「マカロン」、優しいピンクの「桜のムース」に「どら焼き」など、思わず食べてみたくなる珍しいものばかりです。

エグゼクティブペストリーシェフの松尾浩幸氏が丁寧に作り上げたスイーツはどれも極上。最後には、ワゴンサービスで焼き立てのお団子とともに、抹茶を点ててサーブしてもらえるというとっておきの瞬間が待っています。

もちろん、一緒に味わえるティーセレクションも20種類にのぼり、たっぷりと堪能することが可能。

その上、ひと口サイズの焼き菓子とアマン京都オリジナル紅茶がお土産でいただけるというホスピタリティは、さすがアマンと感嘆のため息がもれてしまいそうです。

image by:PR TIMES

2つ目の特別メニューは、アマン京都のエグゼクティブペストリーシェフ・松尾浩幸氏が手掛ける「苺 Art of Strawberry」。

松尾氏のペストリー工房で生まれた、すべて繊細な手仕事によって仕上げられている飴細工の大粒イチゴが、まるで巨大な宝石のように鎮座するワンプレートです。

飴イチゴのふたをそっと開けると、中にはさまざまな味覚を丁寧に重ねたパフェが登場。その数は京都・上賀茂産のイチゴ、練乳のエスプーマ、イチゴのコンポート、ジェノワーズ、和三盆クリーム、柚子のジュレ&ジャム、そしてホワイトチョコレートのコーンフレークと、8種類にものぼります。

すべて別々の食感や味わいでありながら見事に調和し、とても贅沢な一品となったパフェ。周りにはイチゴそっくりのチョコレートも飾られており、まるで芸術品を食べるような気持ちで、最後まで至福のひとときが続きます。

アマン京都が贈る「苺と桜のアフタヌーンティー」は、平日が1人7,480円(税込)、土日祝はグラススパークリングワイン付きで1人8,250円(税込)。そして「苺 Art of Strawberry」は4,620円(税込)となり、アフタヌーンティーにプラスすることも可能です。

見た目からも華やかな春をたっぷりと感じられる、美を極めたアマン京都のイチゴたち。深い緑に恵まれた森の庭園のなかで、とっておきの甘い午後を過ごしてみてはいかがでしょうか。

  • アマン京都「苺と桜のアフタヌーンティー」
  • 京都府京都市北区大北山鷲峯町1番
  • 075-496-1335(9:00〜18:00)
  • 平日限定:1名7,480円/土日祝:1名8,250円 グラススパークリングワイン付き
  • 2021年3月1日(月)〜4月30日(金)
  • 15:00または15:30スタート
  • https://www.aman.com/ja-jp/resorts/aman-kyoto/dining-experience
  • ※サービス料が別途かかります。
  • source:PR TIMES
  • ※すべて税込価格です。
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
いま読まれてます

美容師・ヘアメイクを経て映画業界に転身。フリーの記者カメラマンとして国内外のレッドカーペット取材や俳優インタビューを行いながら、来日イベントの企画運営・PR、記者会見や舞台挨拶のMCなど洋画をメインに活動。現在は育児のため仕事をセーブし、ライターとして幅広いジャンルの記事を執筆中。

Instagram

まるで芸術の宝石箱。アマン京都がおくる贅沢な「苺と桜のアフタヌーンティー」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます