旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

アツアツジューシー!大分のご当地グルメ、絶品「からあげ」の聖地4選

Array
2021/03/20

「日本一のおんせん県」を掲げる通り、全国1位の湧出量・源泉数を誇り、各地に名湯が点在する大分県

日本屈指の名湯「別府温泉」「湯布院温泉」などを目的に旅するかたがほとんどながら、まだまだ知られざる魅力が眠っているのはご存じでしょうか。

旅の楽しみといえばその土地だけで楽しめる「ご当地グルメ」が筆頭に挙がりますが、大分県ではなんといま、空前の「からあげブーム」が到来しているとのこと。

1回につき「キロ買い」も当然という大分県民が愛する「からあげの聖地」を4店ご紹介します。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

専門店発祥の店や最高金賞受賞の店など、絶品の極上からあげが味わえる名店たち

天下とり(来々軒)

image by:PR TIMES

いまでは唐揚げ専門店が軒を連ねる大分県ですが、宇佐市にその「発祥の地」があります。

それが、50年の歴史を重ねる老舗中華料理店「来々軒」。戦後すぐに始めた「鶏からあげ定食」は、4つ切り鶏の骨付きもも肉を唐揚げにして大人気となりました。

来々軒の唐揚げ技術を受け継ぎ、向かいにあった居酒屋「庄助」が主婦向けにテイクアウト唐揚げをスタートしたことが、いまの唐揚げ専門店に繋がります。

この県北地域では、かねてより盛んに養鶏が行われていたことも唐揚げが広まる理由のひとつとなりました。

来々軒の唐揚げは、にんにくと醤油を利かせた味付けの鶏肉をカリッと揚げながらも、中のジューシーさが保たれた絶品の一品。


いまでは、日本の唐揚げ文化を家人する存在としてアメリカ・ロサンゼルスにも店舗を展開中。世界中に「からあげ文化」を広めたいという熱い想いで、こだわりの唐揚げを作り続けている名店です。

  • 来々軒
  • 大分県宇佐市四日市72
  • 080-5800-0144
  • 定休日:火曜
  • 公式ホームページ
  • アクセス:東九州自動車道宇佐ICより約8分

からあげ太閤

image by:PR TIMES

1988(昭和63)年に創業して以来、こだわり続けた秘伝のタレと素材で人気を博し、専門店として一店舗の販売数量日本一を叩き出している「からあげ太閤」。

乱世の戦国時代に天下を獲得した太閤・豊臣秀吉から名付けられ、まさに唐揚げ界の太閤といえる存在感を放っています。

鶏肉は九州産のハーブ鶏からさらに厳選したものを使用し、「骨なし」「骨付き」「手羽元」「手羽先」「砂ずり」「なんこつ」「もも」「塩手羽」の8種を常時ラインアップ。漬け込みタレには10種類を超えるスパイスを配合し、にんにく控えめの仕上がりとなっています。

県内で唯一「九州食べ歩き味100選」にも選出され、平日は約200kg、大晦日などになると1トンを超える販売量を記録するというモンスター級の名店。

日本からあげ協会による「からあげグランプリ」西日本部門においても、何度も最高金賞を受賞しています。

  • からあげ太閤
  • 大分県宇佐市閤492-3
  • 0978-33-3766
  • 定休日:月曜(月曜が祝日の場合は、翌火曜が定休日)
  • 公式ホームページ
  • アクセス:東九州自動車道宇佐ICより約7分

からいち 中津総本店

image by:PR TIMES

宇佐市に続き「中津からあげ」の名を轟かせている中津市に本店を構える「からいち 中津総本店」。

「中津最強の濃厚さ」と評判になるほど、ほかより濃いめの味付けにファンが続出。2016(平成28)年から2年連続で「からあげグランプリ」最高金賞を獲得しました。

鶏肉は宮崎県より取り寄せ、冷凍は絶対に使わないというこだわり。自家製のタレは絶妙に配合した果物や野菜、スパイスを醤油に1週間以上漬け込み、コクや風味のほかに辛味や甘みも感じられる仕上がりで、極上の「ニンニクしょうゆからあげ」を作り上げています。

定番のもも肉以外にも、胸肉や手羽先など、部位それぞれがどれも抜群のおいしさ。中津駅にほど近く、イートインスペースが完備され旅行時に立ち寄りやすいのも魅力。揚げたての唐揚げを味わうのは、まさに至福のひとときです。

  • からいち 中津総本店
  • 大分県中津市古魚町1645
  • 0979-24-3663
  • 定休日:不定休
  • 公式ホームページ
  • アクセス:東九州自動車道中津ICより約22分

川部精肉店

image by:PR TIMES

中津市の精肉店でも名店と名高く、唐揚げも販売されているのが「川部精肉店」です。県内各地だけでなく、近隣の北九州や福岡、山口などからもはるばる訪れるかたがいるほど、その評判が広がっています。

「一度食べたら忘れられない」というメッセージの通り、醤油ベースながらもほかと比べて甘みが強めなのがポイント。ごはんにもピッタリで、まさに病みつきになってしまう味わいの唐揚げです。

精肉店という強みを生かし、新鮮な鶏肉が使用されているのもおいしさの秘密。冷めても臭みが出ず、テイクアウトに嬉しい仕上がりです。

コロッケなどの総菜もおいしく、「中津からあげの隠れた名店」と静かな人気を誇る、ぜひ食したい逸品です。

  • 川部精肉店
  • 中津市本耶馬溪町跡田272-6
  • 0979-52-2738
  • 定休日:第2月曜/第4月曜
  • アクセス:東九州自動車道中津ICより約21分

どのお店も名店ぞろいで、たまらない唐揚げが味わえる「からあげブーム」の大分県。大分県を訪れた際は、ぜひ専門店の絶品からあげを味わってみてはいかがでしょうか。

  • source:PR TIMES
  • image by: Shutterstock.com(イメージです)
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
いま読まれてます

大学時代にドイツへ1年間留学。卒業後は旅行・グルメ・恋愛系のライターとして活動中。大好きなハンバーガーとビールのために、休日はボルダリングとヨガで汗を流す。

お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちら

アツアツジューシー!大分のご当地グルメ、絶品「からあげ」の聖地4選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます