旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

花と絶景の楽園。美しき「アカオハーブ&ローズガーデン」で癒しの1日

Array
2021/08/07

屋外で海を見ながら美しい花々に癒されたい。そんな理想を叶えてくれる場所が静岡県の熱海にあります。その名も「アカオハーブ&ローズガーデン」、しかもインスタ映えスポットとしても大人気の素敵な場所なんです。

約20万坪の広さを持ち、美しく整えられた庭園はまさに花の楽園。甘い香りの漂う庭園で、特別な1日を過ごすことができる同所の魅力をご紹介していきます。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

アカオハーブ&ローズガーデンとは?

image by:PIXTA

日本屈指のリゾート地、静岡県熱海市。熱海の位置する伊豆半島のなかでも景勝地として知られる錦ヶ浦をのぞむロケーションに位置しているのが「アカオハーブ&ローズガーデン」です。

2つのホテル、ビーチや温泉を兼ね備えた大きなリゾート公園の一角に、花々が咲き誇る癒しの庭園として造られました。

東京ドーム約13個分の大きな敷地内に、錦ヶ浦の水平線を見渡せる絶景のカフェ、ロマンティックなローズガーデンなど12個の庭園、レストランやショップなども兼ね備え、インスタ映え抜群の写真が撮影できると大人気。優雅でのんびりとしたスポットです。

四季折々の花々で満たされた庭園

天翔 image by:Shutterstock.com

「アカオハーブ&ローズガーデン」はその名の通り、たくさんのハーブとローズが咲き誇る庭園です。バラが主役の庭園には世界中のバラが集められ大切に育てられています。

バラといえば5〜6月に咲くのが通常ですが、アカオハーブ&ローズガーデンでは秋に咲くバラも育てられていますし、桜や小さな花の咲くハーブなども育てられているため一年中楽しめるのが特徴。

自然の地形を生かして錦ヶ浦の絶景を楽しめる高台に造られた12の庭園のなかには、バラが主役のものだけでなく、ハーブが主役の「ハーブガーデン」、園内にご鎮座している「曽我浅間神社」、空に浮かんでいるように見える日本庭園「天翔」など少し趣の異なるものもあります。

絶景の連続!バラの花にうっとり

image by:Shutterstock.com

たくさんの花々に出会える施設ではあるものの、メインは何といってもローズガーデンです。


バラと花々の共演が美しい「イングリッシュローズガーデン」、まるで海外のお城の中にいるかのように感じる「バラの谷」、上品な香りで満たされた「フランスの香りのバラの庭」など、バラの種類にぴったりなテーマを持つ庭園に出会えます。

色鮮やかなバラが咲き誇るようすはロマンティックな楽園のよう!大きく存在感のあるバラの花に、何度も立ち止まってしまいます。

色とりどりのバラが咲いているその先には真っ青な海が見えるスポットも点在しており、自然の生み出すコントラストにうっとりしてしまうことでしょう。


写真撮影にぴったりなフォトスポット!

image by:Shutterstock.com

同所を散策していると出会うのが、所々に作られたかわいいフォトスポットです。

まるで海に浮かんでいるような写真が撮影できる真っ白な家の形をしたフォトフレームベンチ、大きな切り株のベンチ、絶景を楽しみながら素敵な写真が撮影できるよう傾斜に作られたハンモックベンチなど、特別な写真が撮れるスポットが盛りだくさん!

image by:photoAC

なかでもインスタ映え抜群と大人気なのが「空飛ぶブランコ」と呼ばれる木製のブランコです。

同所がフォトジェニックなスポットとして知られるようになったのは、この空飛ぶブランコの美しさが話題になったのも理由のひとつ。

海を一望できる場所に作られたブランコは、写真を撮影すると空に浮かんでいるように見えるとインスタグラムで大きな話題になりました。休日にはこのブランコに乗るために列ができるほどの人気ぶりです。特別な写真を撮影したい方にとってもおすすめですよ。

最高のロケーションのカフェで一休み

image by:Shutterstock.com

広い敷地内の海と空を見渡せる絶好の場所に作られたのが「COEDA HOUSE(コエダハウス)」と名付けられたカフェです。

全面ガラス張り、テラスやウッドデッキも兼ね備えたとても素敵なカフェは来場者に大人気。有名建築家が設計を手掛け、2017年の完成以降このカフェを目的に訪れるかたも絶えません。

コエダハウスはヒノキが積み木のように重ねられたデザイン。一歩足を踏み入れると柔らかな木の香りが感じられ、北欧のおしゃれなカフェに来たような洗練された雰囲気を味わえます。

image by:Shutterstock.com

店内に席もありますが、おすすめはウッドデッキ。海を見ながらローズやハーブを使ったドリンクがいただけます。

おすすめはバラの香りの漂うサイダーやジュース。透明感のあるピンク色のドリンクはほんのりバラの香りが漂い、体の中からキレイにしてくれそうです。

ハーブ工房でオリジナルの石鹸作りも

image by:ODEGORO/Shutterstock.com

施設内にあるハーブ工房では、ハーブを使ったワークショップも開催されています。空いていれば当日参加も可能です。

好きな香りを選んで作るハーブ石鹸やコロン、ハーブネイルオイル、マスクスプレーなどを作れるワークショップが開催されています。

手作りのハーブグッズは熱海の良い思い出になること間違いなし。しかも実用的なので家族や友人へのプレゼントとしても良いですね。

ハーブの香りを選んで混ぜたり、形を整えたりする簡単な作業なので安心。ドライフラワーを選んで飾り付けをして、世界にひとつだけのオリジナルグッズが作れます。

バラとハーブで彩られた素敵な一日を

静岡県の熱海といえば、昔ながらの温泉に癒されるだけでなく、海の絶景とバラとハーブの香りでリラックスすることができます。新型コロナウイルス収束後は、ぜひ「アカオハーブ&ローズガーデン」でバラとハーブに包まれた1日を過ごしてみてくださいね。

  • アカオハーブ&ローズガーデン
  • 静岡県熱海市上多賀1027-8
  • 大人1,500円/子ども800円
  • 定休日:12〜1月の毎週火曜日(12月29日~1月3日は営業)
  • 9:00~17:00(入園は16:00まで)
  • 公式サイト
  • 5月15日~6月10日までの土・日は9:00~18:00(入園は17:00まで)
  • image by:Shutterstock.com
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
いま読まれてます

現在は都内の旅行会社で働きつつ、週末をからめた弾丸トラベラーとして世界各国を旅するアラサー女子。

花と絶景の楽園。美しき「アカオハーブ&ローズガーデン」で癒しの1日
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます