旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

なぜ韓国人はクサくないの?日本と少し違う、韓国の「一般常識」

Array
2021/08/14

日本より家族との距離が近い?

image by:Unsplash

日本では、ひと昔前まで「女性は結婚したら嫁いだ家の人間」という考えがありました。それは夫婦別姓である韓国でも同じなのだとか。

いまではその考え方も薄れつつありますが、韓国人と結婚した日本人女性によると、義母から「あなたはわたしの娘」と話されたこともあるそう。

そんな韓国では、日本よりも家族との距離が近いのが特徴です。頻繁に連絡を取り合うことはもちろん、誕生日やお正月、秋夕(チュソク)といわれるお盆などの特別な日、なかには週末に家族で集まることも珍しくありません。

もちろん家庭によって異なるそうですが、日本よりも家族で集まる機会が多いみたいですね。

最近は、韓国でも働く女性が増えているため、子ども(孫)の世話を祖母や祖父が行っている家庭もあります。このようにパートナーの家族に子育てをサポートしてもらったりすることで、義実家との距離が近くなっていくのかもしれないですね。

キムチ作りで嫁いびり?

image by:KoalaPoy/Shutterstock.com

そんな家族との距離が近いといわれる韓国でも、日本と同じように「嫁姑問題」があります。ひと昔の韓国では、キムチ作りで嫁いびりが行われていたこともあるのだとか。

韓国では年に2回、自分の家で食べるキムチを漬ける時期があります。キムチといえば毎食に食べるものですから、たくさんの量を作る必要があり、結構大変な作業です。そのため親戚などが集まって、みんなで協力してキムチ作りを行います。

しかし嫁と姑の仲があまりよくない場合には、「ひとりで作って」といってくる姑もいたそう。

もともとは大人数でやるはずの作業をひとりにさせて、さらにその漬けたキムチを自分が作ったもののように近所の人たちに配る人もいたのだとか。


キムチ作りといえば韓国の伝統的な行事のひとつで、親族が協力する共同作業です。そんなときに意地悪なことをいわれたら、双方いい気持ちにはなれません。だからこそ、程よい距離感が必要なのかもしれませんね。

いま読まれてます
なぜ韓国人はクサくないの?日本と少し違う、韓国の「一般常識」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます