旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

ドライブにも最適。富士山と一緒に楽しめる絶景の「河口湖紅葉まつり」

Array
2021/10/09

中央自動車道・河口湖インターチェンジから車で約10分、富士五湖のひとつ「河口湖」。周辺は春夏秋冬問わず、多くの観光客でにぎわっています。

首都圏をはじめ全国各地からの観光客はもちろん、日本が誇る世界の観光スポット「富士山」のお膝元ということで、外国人からも人気の観光地ですが、現在は新型コロナウイルスの影響でインバウンドのにぎわいは影を潜め、街はひっそりと静まり返っています。

ですが「明けない夜はない」という表現の通り、多くの観光地では現在の自粛要請にじっと耐え、またかつての盛り上がりに向けて体力を蓄えているとこです。河口湖の観光産業もまた例外ではないでしょう。

今回はこの自粛規制がおさまった後でぜひ訪れてみたい、2021年10月30日(土)から開催予定の「河口湖紅葉まつり」に関してご紹介していきたいと思います。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

「河口湖紅葉まつり」とは

image by:Shutterstock.com

メインの河口湖畔沿い約1.5kmが見事に色づく「もみじ街道」と、その北側に約60本の紅葉林がまるでトンネルのように形作る「もみじ回廊」の2カ所がメインエリアです。ドライブでも訪れやすく、両エリア間は歩ける距離のためマイカーはもちろん、首都圏からの日帰りバスツアーのかたも多く訪れます。

2021年の開催は10月30日(土)〜11月23日(火)までの間。最近は全体的に色づきが早くなっているといわれますが、例年11月のこの時期に河口湖は赤く染まります。

富士山とのコラボレーションは感涙もの!

image by:Haru

この「河口湖紅葉まつり」の一番の魅力は、やはり富士山との見事なコラボレーションに尽きるでしょう。日本を代表する名山である富士山の11月は、初雪の観測がありうっすらと雪化粧が施されている山の姿となります。

河口湖周辺ではどこにいても、この富士山を間近に望むことができます。一方でこの白く雪化粧した富士山、赤く染まった紅葉林、そしてそれらが映り込むことで映える河口湖面という三者の融合は、贅沢というより他ありません。

オススメは昼?それとも夜?

image by:Haru

この時期はいわば河口湖のシーズン中における最後の大イベント。そのため道路も大渋滞し、普段でしたら河口湖インターチェンジを降りて河口湖大橋を通り、湖畔沿いの駐車場まで約15分の距離が1時間以上かかるというのもざらです。


そこでオススメは、夜のライトアップの時間。来場者がそろそろ帰宅の途に就く反対車線の渋滞を尻目に、それほど混雑することなく駐車場までアクセスできますよ。

日が短い時期のため、午後5時ごろにはライトアップが始まります。点灯の瞬間こそ感動的なため、できましたら午後4時半には会場に着いてたいものです。お昼の見事な紅葉とはまた違った、幻想的な雰囲気が河口湖畔を包み込みます。


旅のお楽しみ「絶品グルメ」を満喫

この河口湖畔沿いには旅の醍醐味のひとつ、山梨の絶品グルメを堪能できる施設が点在しているのも魅力です。そのなかで今回は、話題沸騰中の2件の施設をご紹介します!

ほうとう研究所

image by:Haru

山梨名物の「ほうとう」をさまざまなスタイルで味わえるお店です。普通、ほうとうといえば「かぼちゃ味」が定番ですが、ここでは珍しい「海鮮ほうとう」を楽しめます。

また、隣には同系列でほうとう作りを体験できる施設もあるので、旅の「食」と「体験」をダブルで経験することができる人気の施設です。

  • 海鮮ほうとう専門店 ほうとう研究所
  • 山梨県南都留郡富士河口湖町河口2746-1
  • 定休日:なし
  • 11:00~20:00
  • 公式サイト
  • アクセス:中央自動車道・河口湖ICより車で約15分

金多留満(きんだるま)

image by:Haru

創業1911(明治44)年という、河口湖でも老舗中の老舗の和菓子店です。もみじ街道の北側「さるまわし劇場」の隣という大変便利な立地のため、散策の前後にご利用するのも良いでしょう。

このお店の一番のオススメは、「はまなし」という和風のゼリーです。皇室献上の和菓子ということで新元号が発表される令和の前後にはメディアでも取り上げられ、注目の商品となりました。

富士山五合目から八合目付近に自生する「はまなし」という高山植物の実を洋酒に漬け込み、ゼリー状の錦玉で包み込んだ、爽やかで上品な味わいの和菓子です。

  • 富士菓匠 金多留満
  • 山梨県南都留郡富士河口湖町河口3019-1
  • 定休日:なし/状況により休業日あり
  • 公式サイト
  • アクセス:中央自動車道・河口湖ICより車で約10分

関東でも有数の観光スポットとして有名な河口湖ですが、その魅力は年間を通してさまざまな形で観光客を楽しませてくれる点にあります。

春の河口湖畔沿いに咲く桜は富士山とのコラボレーションが見事で感動さえ覚えます。夏の河口湖は標高が高いため、避暑地として多くの観光客が訪れるベストシーズン。

そして今回ご紹介した秋の河口湖の紅葉、さらに厳冬期を迎える冬は毎週末行われる「河口湖冬花火」や、お隣の「西湖樹氷祭り」など、見どころが盛りだくさん!

そのなかでも秋の「河口湖紅葉まつり」は、関東近郊のもみじ祭りのなかでもトップクラスの美しさを誇ります。お近くにお住まいのかたは、ぜひ覗いてみてはいかがでしょうか。

  • 富士河口湖紅葉まつり
  • 2021年10月30日(土)〜11月23日(火)
  • 公式サイト
  • image by:Shutterstock.com
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※イベントに関する情報は変更になる可能性があるので、必ず事前にご確認ください。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
いま読まれてます

現在は都内の旅行会社で働きつつ、週末をからめた弾丸トラベラーとして世界各国を旅するアラサー女子。

ドライブにも最適。富士山と一緒に楽しめる絶景の「河口湖紅葉まつり」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます