旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

【絶景】日々前に進んでいるんだ。心休まる魚たちが住む青い世界

どこまでも続く広大な海。その海の中を自由に泳ぐ多種多様な生き物たちは、とても気持ちよさそうな表情を見せてくれます。そんな生き物たちの姿に、癒されてみませんか。

今回は、水中写真家・鍵井靖章さんが切り取った「絶景写真」をお届けしていきます。

感謝、優しさ…日々感じる想いを大切にしたい

撮影地 阿嘉島 image by:鍵井靖章

週末になって関東から日帰りで展示会に来てくれるかたもいて、大きな感謝の気持ちと、私も人を応援するときはそのようになりたいと心から思いました。

30年以上ぶりに高校の同級生が来てくれて、会場に来るまでに何度も何度も来て良いのか?と悩みながら来てくれたそうです。何だかそれも嬉しくて、鍵井の展示会はいつも変わらずいろんな想いとたくさんの優しさに包まれております。

撮影地 宮古島 image by:鍵井靖章

もっと当たり前の風景を自分の視点で自分らしく表現したい。そんな写真もちょこちょこ撮影できたかもだけど、今日は当たり障りのない1枚を。

いつも新しい視点表現を標榜してるからこんなこと書いてるけど、自分をどんどん追い込んでます…追い込まれています…(苦笑)

撮影地 阿嘉島 image by:鍵井靖章

何のために頑張るのか?時々、答えがわからなくなる…。TVCMでそんなセリフが流れたきた…。何気なく見ていたんだけど…やたらと心のこびりついた。

撮影地 玄界灘 image by:鍵井靖章

2021年8月15日に76回目の終戦記念日を迎えて思ったこと。ダイバーだから見れる景色があるの。例えば、ミクロネシアのチュークは第二次世界大戦の激戦区で、海中にはたくさんの軍用船や戦闘機が未だ鎮座している。

言い方が間違っていたらすみません。その史跡はまるで戦争博物館です。肌で当時のことを知ることができます。ダイバーにしか見ることのできない史実です。また外国に行けるようになったら訪れたい。写真は玄界灘です。希望の光です。


撮影地 阿嘉島 image by:鍵井靖章

全然心が休まらない。日々することがあって、変更があって、試練があって。それでも毎日を着実に前に進もうと努力してるのだ。

  • image by:鍵井靖章
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
いま読まれてます

毎日、決まった時間に海の写真を1枚お届けします。
毎朝7時に、1日の始まりの活力の源として、写真集を開くという特別な時間ではなく、皆さんの手のひらの中で、日常的に海の癒し写真作品を楽しんでいただけます。

【絶景】日々前に進んでいるんだ。心休まる魚たちが住む青い世界
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます