旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

いい汗かいて観光を楽しもう!京都でおすすめのスポーツツーリズム

Array
2021/11/03

今年は緊急事態宣言が長く続いて観光を楽しめなかったという人も多いのではないでしょうか。気候も良くなった今だからこそ体を動かしながら自然や歴史・文化を体感するスポーツツーリズムにチャレンジしてみてはいかがでしょう?

今回は、アクティビティと京都の魅力を満喫する際の手助けになるマップやイベントなどをご紹介します。

【新型コロナウイルスの感染拡大防止対策にご協力お願いします!】
・基本的な感染予防対策(マスクの着用・手洗い・身体的距離の確保など)を徹底してください
・屋外の活動も慎重にしてください
・発熱等の症状(発熱、咳、のどの痛み、息苦しさなどの症状)がある場合は、外出を控えてください

スポーツツーリズムとは?

アジアでも有数のスポーツ先進国といわれる日本。プロ野球やJリーグ、大相撲、ラグビー、ゴルフといったスポーツ興行や、各地で開かれているマラソン大会といったさまざまなスポーツが盛んですよね。

これらのスポーツ資源を活かして、訪日外国人旅行や国内旅行の進行を図る趣旨で、平成23(2011)年にスポーツツーリズム推進基本方針が取りまとめられました。

コロナ禍であらゆる「体験」の機会が失われていますが、スポーツを含めた思い出作りに価値を感じる人が増えていることもあり、スポーツツーリズムへの注目も高まっています。

特に豊かな自然を活かしたスポーツ体験の取組も盛んで、京都府内でも多くの人がサイクリングやトレッキング、カヌーといった大自然を五感で味わえるスポーツを楽しんでいます。

ルート情報が満載の「京都中丹エリアスポーツ・トレイルマップ」

舞鶴市・福知山市・綾部市の3市で構成されている中丹地域は、豊かな自然や歴史をはじめ、多くの魅力に富んだエリア。

雲海も楽しめる丹波山地のトレッキングや全長約100kmもの長さを誇る京都「ゆラリー」サイクリングロード、川風が心地良い由良川でのカヌーといった、自然を満喫できるアウトドアアクティビティが人気を集めています。

とはいえ、「どこでアウトドアアクティビティを楽しめるかわからない…」という人に見てほしいのが、トレッキング、サイクリング、カヌーの各ルートが一目でわかる京都中丹エリアスポーツ・トレイルマップ


一部ルートには、スマホなどで詳細マップを調べられるQRコードが添付。観光・宿泊情報も掲載されているので、一日の予定も立てやすくなるはず!

協力店店舗に掲示されているステッカー

また、アウトドアアクティビティを快適に楽しんでもらうための休憩施設として、京都「ゆラリー」サイクリングロード上、またはその付近にサポートステーションを設置しています。

休憩スペースや観光情報の提供のほか、スポーツサイクル対応空気入れや修理工具の無料貸出、サイクルスタンドの常設もありますよ。また、サポートステーションのほかにも、休憩スペースやトイレを利用できる場所として協力店を設置。協力店の店舗には、ステッカーを掲示しています。

「京都中丹エリア スポーツ・トレイルマップ」のダウンロードやサポートステーション、協力店の情報を知りたい方は、下記HPをチェックしてください!

京都府公式ホームページ

■■INFORMATION■■

【問い合わせ先】

中丹広域振興局農林商工部 農商工連携・推進課
電話:0773-62-2506
c-n-noushoko@pref.kyoto.lg.jp

スマホで便利に楽しむ!「京都乙訓いとをかしサイクリングマップ」

南北約8km、東西約6kmと京都府内でも特にコンパクトな竹の里・乙訓。このエリアに点在する観光資源を自転車で周遊するときの道しるべとなるのが、京都乙訓いとをかしサイクリングマップです。

マップには、神社や寺院、資料館、古墳といった観光スポットや効率的に巡るためのコースを4つ紹介。

乙訓エリア全域を巡る「竹の里めぐり」や、向日市を周遊する「幻の宮往来」、長岡京市の各所を立ち寄る「才媛の道」、大山崎町の歴史の跡を巡る「栄華の轍(わだち)」と、どれも乙訓の魅力を体感できるコースとなっています。

また、「京都乙訓いとをかしサイクリングマップ」は、スマホ(webモード・アプリ版)でも利用可能。「ambulamap(アンブラマップ)」でWEBとアプリ、いずれでも見ることができます(アプリのダウンロードは無料)。

GPS機能を使えばスマートフォンで位置情報を確認でき、電子地図にも切り替えられるので、実際に自分が今いる場所も確認できます。

また、観る・探す・味わう京都乙訓エリアの大人女子旅向けにおすすめする“をかし(=いいね!)スポット”の情報もあわせて閲覧可能。それぞれの施設を担う「人」に着目し、歴史やこだわりなどの魅力を知ることができます。趣深い乙訓の魅力をより深く体感してみてはいかがでしょうか。

■■INFORMATION■■

京都乙訓いとをかしサイクリングマップ紹介ページ(京都府公式ホームページ)

アプリダウンロードページ

京都乙訓いとをかしWebサイト

【問い合わせ先】

乙訓商工・観光協議会《京都府山城広域振興局乙訓調整監付(乙訓総合庁舎内)》
電話:075-921-0182


目指せ完全走破!「京都丹波サイクルスタンプラリー『ツール・ド×京都丹波』

美しい里山風景に囲まれた京都丹波の魅力を感じながらサイクリングを楽しむ京都丹波サイクルスタンプラリー「ツール・ド×京都丹波」を、10月16日(土)~12月12日(日)の期間開催しています。

気軽に走れる初級コースから上級者をもうならせる高難易度コースまで、2つのスタート拠点(「サンガスタジアム by KYOCERA」「丹波自然運動公園」)と5つのコースを用意。

サイクリング専用アプリ「ツール・ド」をダウンロードして、途中の「ご当地スポット」にチェックイン!オリジナルフォトフレームが付いた記念写真を撮影できたり、ゴール後に完走特典をゲットするための完走証明を行ったり、よりサイクリングの楽しさも広がるはず!

いずれかのコースを完走した人には、「ツール・ド×京都丹波」走破の証であるオリジナル手ぬぐいをプレゼント(各コース先着150名ずつ。なくなり次第終了)。

また、キャンペーン期間中に5つのコースをすべて完走した人には「京都丹波マイスター」に認定。オリジナル認定証と地元特産品の詰め合わせがプレゼントされます(先着50名)。

詳しい参加方法や詳細なルートなどについては、特設サイトを確認してみてくださいね!

■■INFORMATION■■

京都丹波サイクルスタンプラリー「ツール・ド×京都丹波」

京都丹波サイクルルート

【問い合わせ先】

南丹広域振興局地域連携・振興部 企画・連携推進課
TEL:0771-24-8430
n-c-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

絶景も絶品スイーツも楽しもう。海の京都 e-Bike&スイーツキャンペーン

日本三景の天橋立や伊根の舟屋群などがある丹後半島。実は、関西屈指の海岸線の絶景を望むサイクリングロードが整備されていて、自転車レース「TANTANロングライド」や、サイクリングコース「丹後半島一周(タンイチ)」のフィールドとしても知られています。

この美しい自転車道を話題の電動付きサイクリング「e-Bike」で巡り、ご当地スイーツを楽しむ海の京都 e-Bike&スイーツキャンペーン10月8日~11月30日まで開催中です!

e-Bikeとは、ロードバイクと同じフレームやパーツを使用した、スポーツモデルの電動アシスト自転車のこと。体力に自信のないかたも、電動だから長距離や上り坂も快適なライドを楽しめます。

キャンペーン期間中は、2,500円以上のe-Bikeレンタルサービスの利用につき、提携店で使えるスイーツ1品引換券をプレゼント(対象となるレンタルサービスは店舗ごとに異なる場合があります)。

さらに、e-Bikeレンタルサービスの利用+提携宿泊施設で宿泊したかた限定でe-Bike『Panasonic SW(海の京都仕様)』を抽選で1名のかたにプレゼント!

福知山~宮津などで乗り捨て&緊急時対応サービスが付く「海の京都ワンウェイライド」やエリア内9カ所でe-Bikeを充電できる丹後充電ステーションも活用して、快適なe-Bikeの旅を楽しんでくださいね。詳しくは、海の京都HPで確認してください!

あわせて、福知山・舞鶴・綾部の3市内限定でe-Bikeランチキャンペーン10月26日から開催!エリア内の提携店でランチを食べると、なんとレンタル料500円がキャッシュバック(先着100名限定)されるうれしいキャンペーンです。

詳しくは、KYOTOSIDEのTwitterでも情報を追加していきますので、興味のある方はぜひチェックしてくださいね!

■■INFORMATION■■

海の京都 e-Bike&スイーツキャンペーン

【問い合わせ先】

■e-Bikeレンタル・キャンペーンについて
合同会社 海の京都e-Bikes

■その他の問い合わせ先
海の京都DMOツアーセンター
TEL:0772-68-1355
tour@uminokyoto.jp

  • source:KYOTO SIDE
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

京都をすみずみまで、歩いて食べて見て体験!
「KYOTO SIDE」は、観光、グルメ、イベント情報など、まだまだ知られざる京都府の魅力や情報を発信し共有していく地域情報発信WEBサイトです。

WebSite

いい汗かいて観光を楽しもう!京都でおすすめのスポーツツーリズム
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます