世界一過酷なツアー旅行?ナメック星にそっくりな「ダナキル砂漠」の絶景

Array
2022/12/14

世界一過酷なツアーの中身とは?

image by:Shutterstock.com

ダナキル砂漠のツアーは、世界一過酷なツアーと評判です。ツアーというと至れり尽くせり、車に乗っていて目的地を楽しむだけ!と思っていませんか。

都市部であればそのようなツアーが多いのですが、ダナキル砂漠のツアーは自然が相手です。自然の中に入って楽しませてもらう、そんなツアーなのでこちらも相応の覚悟と体力が必要。

過酷ポイントその1.砂漠で野宿

image by:Fredy Thuerig/Shutterstock.com

「もうこれだけで行くのをやめようかな…」なんて思ってしまう人もいらっしゃるかもしれません。ダナキル砂漠のツアー中は、ホテルでの宿泊はできません。砂漠での野宿です。

もちろん大地の上に直接寝るわけではありませんが、簡素なベッドやマットレス、または寝袋などでの就寝となります。

ですが、この砂漠での野宿、素晴らしい絶景が見られるんです!それは満天の星空。日本にいてはとても見られない、美しい星空が見られます。なので意外と悪くないですよ。

目覚めると顔が砂だらけになっていますが、あの星空が見られるのなら仕方ありません。

過酷ポイントその2.気温がまさかの50度に…

image by:yuzu2020/Shutterstock.com

ダナキル砂漠は地球上で最も暑い場所のひとつです。気温に関してはツアーに参加しようがどうしようもありません。日中は50度近く、日が暮れてからも40度前後になることは覚悟しておきましょう。

もちろんツアー参加中は定期的にお水が配られるので脱水状態になる心配はありませんが、直射日光には十分に注意してください。帽子と日焼け止めは必須アイテムです。

過酷ポイントその3.デコボコの道

image by:Manamana/Shutterstock.com

ETTでツアーを申し込むと、大抵はトヨタのランドクルーザーでの移動となります。故障も少ない日本車で安心なのですが、走る道路はデコボコ!特にエルタ・アレ火山に近づけば近づくほど、舗装されていない道を走ります。


頭が車の天井にぶつかってしまうほど大きく揺れるので、車酔いが心配な方は酔い止めの薬を持って行きましょう。

覚悟も必要、でも行く価値がある

世界一過酷なツアーでめぐる「ダナキル砂漠」。それでも世界中の旅行者が訪れるのは、過酷さ以上にそこで出会える光景が素晴らしいからです。

整備された観光地より、冒険や自然を目的とする旅に出たい人にはぴったりな場所。安全な対策を怠らず、現地の情報を詳しく調べた上で、覚悟を決めてでも見たい景色のひとつかもしれませんね。

  • image by:Shutterstock.com
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウイルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
いま読まれてます

元々インドア派だったはずが『恋する惑星』でウォン・カーウァイにハマり、初めての一人旅は上海へ。カメラ片手にどこへでも行くアクティブ旅女子になりました。現在は大学院に通いつつフリーライターとして、旅・アート・美容・ファッションをメインに活動しています。

エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
世界一過酷なツアー旅行?ナメック星にそっくりな「ダナキル砂漠」の絶景
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます