日本人は夜もスゴい!?韓国人がニッポンに来て驚愕した7つのこと

Array
2023/03/11

海外からたくさんの外国人観光客が訪れている日本。最近では、コロナ禍以前のように少しずつ街中や観光地で外国人を見かけることが増えました。

なかでも韓国からの訪日数が多く、皆さん日本をエンジョイしているそう。しかしながら国が違えば文化も違うのは当たり前で、日本に来て「一体なぜ!?韓国とは違う!」と思うことがいくつかあった様子。

そこで今回は、韓国人のみなさんがびっくりしたり不思議に感じた、韓国ではありえない日本の当たり前についてご紹介していきます。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウイルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

降りるときに「閉」ボタンを押すの?

image by:Muhammad Anuar bin Jamal/Shutterstock.com

「エレベーターから出る人が気を遣って閉まるボタンを押す文化は、日本にしかないと思います。しばらくは意味がわかりませんでしたが、今はとてもいい文化だと感じています。ちょっとした気遣いが全く違いますね」

「ほかの人とエレベーターで乗り合わせたとき、私よりも先に出た人が扉を抑えてくれたことがありました。韓国では見かけたことがなかったので驚きました!」

エレベーターによっては閉まるのが遅いタイプもあれば、すぐに閉まってしまうタイプもあります。そのときに乗り合わせた人が扉に挟まれないよう、「開くボタン」を押してくれる人を見かけることも。

また、マンションなどで自分が先に降りる際、「閉まるボタン」を押して、扉がすぐに閉まるよう、相手への配慮をしてくれる人もいますよね。

筆者も自宅のマンションで、「失礼します」といわれたあとに閉まるボタンを押されたときは、なんだかスマートな優しさだと感じてしまいました。

結婚式の前にプロポーズするの?

image by:Joaquin Ossorio Castillo/Shutterstock.com

「日本と韓国では、結婚までの流れが全く違います。韓国では、結婚式の段取りがほぼ全て完了するころになってから、やっとプロポーズするんですよね」


「日本人の友達が『プロポーズ成功するかな…』と心配していた意味がずっとわからず、とても不思議でした。韓国とタイミングが違うんですね!すでに結婚式が決まっている韓国人男性はだいたい『プロポーズが憂鬱…』と言いますよ(笑)」

日本ではプロポーズをしてから、挙式のための結婚式場を探すケースが多いといわれています。しかし韓国では順番が違って、結婚式場を確定させてからプロポーズを行うのだとか。

そのあと結婚式を挙げて、婚姻届を提出するため、日本よりも実際に籍を入れるタイミングが遅いのが特徴です。もちろん結婚式を挙げる・挙げないは人それぞれですが、一般的に多いといわれているのは、この順序だそうですよ。

お土産の種類が豊富すぎ!

image by:jointstar/Shutterstock.com

「観光地のお土産はその土地ならではの特色があり、可愛いものが多いのがいいです。あと、高速道路のサービスエリアなどもご当地のお土産が豊富!韓国のサービスエリアもグルメは充実していますが、お土産は日本の方が豊富だと思います」

「日本はどこにいってもお土産がたくさんあります!あれ不思議ですよね。すごく小さなサービスエリアさえいろいろ置いてあって感激しました」

車で移動する際、サービスエリア(SA)に立ち寄るのも楽しみのひとつですよね。

日本と同じように韓国にもサービスエリアがあり、フードコートやレストラン、ホットスナックの販売など、充実したサービスが多いのも特徴です。


夜なのに疲れた顔しないの?

image by:dekitateyo/Shutterstock.com

「日本人はどんな場面でも仕事が丁寧。韓国人はそんなに接客は丁寧ではないですが、素直さが人間らしくておもしろいとは思います。でも夜になったら、みんな疲れてそうな顔をします。日本人は夜でも元気に素敵な笑顔で仕事をしていることに驚きました」

「日本人は、夜もすごい!夜になってもみんなとっても元気!接客の人たちもみんな笑顔です!夜の飲食店で、こんなに笑顔で優しい接客ならとても高いお店なのではと不安でしたが、普通の値段でさらにびっくりしました。昼の接客も、夜の接客も素晴らしいと思います」

仕事をしていると、時間が経てば経つほど疲れてくるのは当たり前のこと。それでも接客業の人たちは、疲れをひとつも見せず笑顔で対応してくれることがありますよね。

なんだかこちらの疲れが吹き飛びそう!と思えると同時に、とてもプロ意識が高いことにも脱帽です。

いま読まれてます
エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
日本人は夜もスゴい!?韓国人がニッポンに来て驚愕した7つのこと
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます