来日中国人「乗車拒否は当たり前…」母国との違いで驚いたこと

Array
2023/06/24

世界的にもトップクラスのキャッシュレス先進国として知られる「中国」。

実際に来日した中国人によると「日本のように中国では現金はほとんど使いません。クレジットカードよりもスマホのアプリ決済を利用することが多いです」とコメントしてくれました。

このほかにも、来日中国人が母国との違いに日本で驚いたことがたくさんある様子。では、どんなときに日本と中国でのカルチャーショックを感じたのでしょうか。

タクシーに乗車を拒否されないの?

image by:StreetVJ/Shutterstock.com

「中国でタクシーに乗って行き先を伝えたら『無理』と追い出されることがあります。でも日本の運転手さんは、きちんとアプリを見た上で、案内してくれる。乗車拒否をされたことがないので、おもいやりの気持ちが違うのかなと思ってしまいました」

相当な遠距離だったか、はたまたなにか理由があったのでしょうか。個人的な理由なら残念ですが、実は最近、そんな中国のタクシー業界に救世主が現れたようです。

2023年3月から、北京では完全自動運転の無人タクシーの運用が開始されました。利用方法はとても簡単。

専用のアプリに行き先を入力してタクシーを呼び、到着したタクシーに乗り込むだけです。これなら断られる心配もありませんね。

店員さんの態度が横暴…これって当たり前じゃないの?

image by:Robert Way/Shutterstock.com

「中国の店員さんは誰に対しても上から目線の横柄な態度で、それが当たり前です。日本の親切な接客に慣れてしまっていると、とても冷たいと感じてしまうかもしれませんね」

失敗に対して謝らない人が多すぎる。注文内容を間違えるとか軽い失敗なら流せるけど、あきらかに自分に否がある場合でも、謝らない人が多い」


以前はこんな横暴な態度も当たり前でしたが、最近は変化を感じている人もいるようです。

最近は礼儀正しい人が増えてきた

image by:Shutterstock.com

「昔より礼儀正しい人が増えたと思いますね、とくに若い人。こないだ施設のスタッフに『すみません』といわれたとき、本気で驚いてしまいました(笑)」

ほかにも「中国人は基本みんな優しいし、いいたいことは伝えればわかってくれるんです」といったコメントも。

思ったことを素直に言い合える仲だからこそ、信頼しあえる人に出会えたのかもしれませんね。

また、最近ではインターネットを介して世界の様子がわかるようになったことで、若者たちを中心に「マナーや態度を改めよう」と考える人が増えているのだそう。


人情に厚く親切な人が多い

image by:Keitma/Shutterstock.com

「中国人は困ってる人にすごく親切。バスでバスカードや小銭が見つからずに焦っている人を見かけると、ほかの乗客が自分のカードでサッと精算する光景をよく見ます。中国のバスの乗車賃は安いので、小さな親切くらいの気持ちかもしれないけど、その姿は日本で見かけることはありませんでした」

「中国人は人情に厚くて、いい意味で、おせっかいなおじさんとおばさんが多いですよ(笑)」

情けは人のためならずとはいいますが、親切に対応してくれたみなさんによい報いがあってほしいですね。

国内旅行のおもしろさは負けてないかも!

image by:Shutterstock.com

広大な国土に長い歴史を持つ中国。世界遺産も多く、観光するだけで刺激を得られるという声もたくさん挙がりました。

世界遺産や観光スポットが多いので、中国の国内旅行だけでも楽しめると思いますよ」

「観光地が多いし、多くの歴史や食文化に触れられます。交通費も安いから気軽に国内旅行にいけますよ」

「中国は、国土が広くて自然景勝地が多いのが自慢です。リーズナブルなご当地グルメも魅力的なので、観光におすすめ」

このように中国出身者のなかには、日本を訪れて感じたカルチャーショックもありながら、母国のいいところもぜひおすすめしたいという声も聞こえてきました。

実は人情深い中国人。一度仲良く打ち解けると、身内のように親切に接してくれるとのコメントもありました。皆さんもさまざまな国出身の人と交流する際は、自ら積極的に打ち解けてみると違った一面も見えてくるかもしれませんよ。

いま読まれてます

大学時代にドイツへ1年間留学。卒業後は旅行・グルメ・恋愛系のライターとして活動中。大好きなハンバーガーとビールのために、休日はボルダリングとヨガで汗を流す。

お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちら

エアトリインターナショナル オーストラリアってどんな国?夏までに行きたい「気になる都市」を見つけよう!
来日中国人「乗車拒否は当たり前…」母国との違いで驚いたこと
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます