ポケモンコラボで争奪戦。50周年を迎えるオランダ「ゴッホ美術館」徹底ガイド

Array
2023/10/14

売り切れにご注意!時間帯指定のチケット購入方法

さて、ゴッホ美術館を訪れる際に注意点が2つあります。

1つはチケットの購入方法。とても人気が高い美術館なので入場人数に制限があり、事前予約が必要です。前日や当日では売り切れてしまうことも多いので、日程が決まったら早めに予約をしましょう。

午前中に訪問しましたが、すでに「本日のチケットは売り切れです」の看板が。image by:福成海央

またアムステルダムでは、観光地の入場や公共交通機関が乗り放題になるAmsterdam City Passという旅行者向けのお得なチケットがありますが、2023年現在ゴッホ美術館は含まれていません。2022年までは対象施設だったためご注意くださいね。

チケット予約は公式サイトからオンラインで行います。

チケット料金は18歳以下はなんと無料。18歳以上は20ユーロ※、日本円で約3,150円です(※2024年1月から22ユーロに変更予定)。こちらの公式サイトの日本語版ページで購入できます。

海外の美術館では必ず使うロッカーにご注意

2つ目の注意点は、ロッカーの使い方です。

海外のミュージアムでは、作品保護の点からも荷物や上着の持ち込みは極力しないのがマナー。リュックなどの大きめの荷物はロッカーやクロークに預ける必要があります。

ロッカーはたくさんあるので、空いている端末に行きましょう。image by:福成海央

ゴッホ美術館の場合は、無料のロッカーが整備されていますが、パスワード形式であまり日本にないタイプなので、少し戸惑うかもしれません。簡単に使い方をご説明します。

この端末で操作をします。image by:福成海央
  • (1)ロッカー前にある端末に行く
  •   日本語対応はありませんが、英語に変更できます。
  • (2)6桁の数字を入力した後、好きなマークを選ぶ
  •   この数字とマークの組み合わせが鍵になるので、忘れないように必ず控えておきましょう。
  • (3)使うロッカーの番号が表示されるので、そこに荷物をしまう
  •   指定された番号のロッカーに行くと、すでに開いています。ここに荷物を入れて扉を閉めればOK。ロッカーの番号も控えておきましょう。
  • (4)帰りは同じ端末でOpen my lockerを選び、6桁の番号とマークを入力すれば、ロッカーが自動的に開きます。

操作自体は難しくないのですが、鍵がない分、6桁の数字・マーク・ロッカーの番号を覚えておく必要があります。慌てずにゆっくりと控えておけば安心ですよ!


ミュージアムの集まる場所、ゴッホ美術館への行き方

最後にゴッホ美術館への行き方をご紹介しましょう。

ファン・ゴッホ美術館image by:福成海央

ゴッホ美術館は、アムステルダム市内のMuseum Plein(ミュージアムプレイン:ミュージアム広場という意味)という場所にあります。その名の通り、ゴッホ美術館の他、アムステルダム国立美術館や、現代アートのMocoミュージアムなど有名美術館が集まる場所です。

アムステルダムの街は、アムステルダム中央駅を中心に半円のバームクーヘンのような形をしています。

ゴッホ美術館があるのはそのバームクーヘンのちょうど外側。アムステルダム中央駅からは、路面電車(トラム)で15分ほどです。中央駅の前にはトラムの路線が多く通っていますが、2番もしくは12番に乗り、Museum Pleinで降りればゴッホ美術館は目の前です。

ちなみにゴッホ美術館の横には小さい桜並木があるのですが、これはオランダに住む日本人女性の団体が寄付したものなんですよ。もし春に訪れる機会があったら、ぜひゴッホが憧れた日本とオランダのつながりを感じてみてくださいね。

オランダに住む日本人女性の団体が寄付した桜image by:福成海央

激動の人生を歩んだ画家ゴッホ。世界最大のゴッホ作品が一堂に並ぶこのゴッホ美術館だからこそ、彼の作品の変化やそこに関わる人々のストーリーを感じることができます。オランダに来たらぜひ訪れてほしいミュージアムです。

  • image by:福成海央
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • 一部情報を更新いたしました(2023/10/18)
いま読まれてます

オランダ在住ライター。自然、文化、体験スポットを中心に執筆。オランダ国内や近隣各国など、これまで訪れた美術館、博物館などの文化施設は100カ所以上。元・科学館職員のミュージアムマニアです。

Website:オランダミュージアムめぐり

エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
ポケモンコラボで争奪戦。50周年を迎えるオランダ「ゴッホ美術館」徹底ガイド
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます