女子高生スカート短すぎない?外国人が日本でビビったことetc【年間人気記事ランキング】

第5位「若いくせに」と怒られるかも。韓国で注意しなくてはいけないこと

image by:FiledIMAGE/Shutterstock.com

世界各国、その国ならではの暗黙のルールや文化が存在しますが、韓国にもそんなルールがたくさんあります。

たとえば「電車」の車内ルール。韓国の電車も日本と同じように、お年寄りや身体が不自由な人のための「優先席(韓国語で『老弱者席』)」が設置されていますが、日本の優先席よりも厳しい”絶対的なルール”があるようです。

第4位 韓国人が感動した、日本ならどの家庭にもありそうな「設備」とは?

image by:Shutterstock.com

国が違えば生活スタイルも異なるもの。他国の文化を知ることで新しい発見があったりしますよね。

食事に服装、マナーなどいろいろな文化がありますが、この記事で注目するのは「水回り」。日本の物件には当たり前に備わってそうな設備が、韓国人にとってはかなりの衝撃だったみたいです。

第3位 「日本人の女子高生がやばい」外国人観光客が衝撃を受けたのは…

image by:MAHATHIR MOHD YASIN/Shutterstock.com

海外旅行に「カルチャーショック」はつきもの。

あるアメリカ人女性は、「日本の制服のスカートがすごく短いことに驚きました。アニメキャラのコスプレみたいな格好にも驚いたし、丈が短すぎてちょっと心配になっちゃった…」と、日本の女子高生のスカート丈に衝撃を受けたのだそう。

異国の文化や習慣の違いって、ほんとにビビることが多いですよね。ほかにはどんな点に驚いたのでしょうか?

第2位 中国ではがっかりしても受け入れる気持ちが大切

image by:Unsplash

日本人が海外に出てカルチャーショックを受ける場面もたくさんあります。たとえばお隣の国「中国」には、はっきり言って「交通ルール」がほとんどありません。

中国人からは「道路は混んでいると車線関係なく車が突っ込んでいくので、もはや何車線の道なのかわからなくなることもありますね」なんて驚きのコメントも登場。


この記事では、そんな中国の日常生活におけるカルチャーショックについて紹介しています。

第1位 野球界最高峰のイベント「WBC」のドラマティックすぎる結末

image by:Conor P. Fitzgerald/Shutterstock.com

そして、2023年もっともアクセス数が多かったのは、第5回の「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」の話題。

9回裏2死、3-2で日本リードの場面で、日本代表チームの大谷翔平投手がアメリカ代表チームのマイク・トラウト外野手を空振り三振に切って取り、侍ジャパンの14年振り3回目の優勝が決定した場面を、アメリカからレポートしています。

あの日のドラマティックな瞬間をぜひ振り返ってみてはいかがでしょうか。

2023年の人気記事トップ10には、外国人観光客の日本に対する反応や海外コラムなどが出そろう結果となりました。私たちにとっては当たり前の日常や文化も、外国人の視点でみると新たな発見があっておもしろいですよね。

日本観光の話題も並びましたが、今年オーバーツーリズムや各サービスの動きに変化はみられるのでしょうか。どちらにせよ、「来てよかった!」と思ってもらえるような日本でありたいですね。

今年もTRiP EDiTORでは、国内外を問わず旅行の話題やスポット情報、異文化の話題などをお届けしていきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

  • image by:MAHATHIR MOHD YASIN/Shutterstock.com
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※Google Analyticsを使用した、2023年1月1日〜12月25日までのTRiP EDiTOR内記事アクセス数(記事TOPページアクセス数)にてランキングを算出。
いま読まれてます

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

WebSite / Twitter / Facebook / Instagram / Mail magazine

エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
女子高生スカート短すぎない?外国人が日本でビビったことetc【年間人気記事ランキング】
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます