これぐらいがちょうどいい。マックの新「ちょいセット」が500円台でも大満足だった

値上げラッシュに関するニュースが今もなお続いています。

あの人気ファストフード店『マクドナルド』でも「てりやきマックバーガー」が370円から400円(単品価格)に、「ダブルチーズバーガー」が400円から370円(単品価格)へと、一部メニューの値上げを発表し、SNS上では悲しむ声が多く上がりました。

そんななかうれしい一報が。1月24日(水)より500円台で手軽に楽しめると人気の「バリューセット(R)」が名称を『ちょいセット』に一新。そしてなんと、値上げラッシュが続く中、同セットは価格がそのまま。

一体なにが変わったのでしょうか。ほかにも生まれ変わった新メニューも登場しましたので、一緒にチェックしていきましょう。

そんな安くていいの?!500円~の『ちょいセット』がお得すぎる

リーズナブルに楽しめる『ちょいセット』左:スパチキ/右:マックチキン image by:編集部

リーズナブルに楽しめるとして人気のバリューセット(R)が名称を『ちょいセット』に変えて登場しました。500円台~というお手ごろ価格ですが、お値段はそのまま。止まらない値上げラッシュの中、うれしいリニューアルですよね。

ラインアップは新メニューの「マックチキン(R)」、そしてレギュラーメニューの「スパチキ(スパイシーマックチキン)」「チキチー(R)(マックチキン(R)チーズ)」「エグチ(エッグチーズバーガー)」の全4種類です。

バーガーに加え、選べるサイドメニューとドリンクがついており、リーズナブルな価格設定ながらも満足できるセットメニューになっています。

【商品情報】

ちょいセット


  • 価格:マックチキン(R)500円~/スパチキ520円~/チキチー(R)540円~/エグチ540円~
  • 販売期間:レギュラー販売
  • 販売時間:10:30~閉店まで(24時間営業店舗では翌4:59まで)

人気メニューが生まれ変わり「マックチキン(R)」として新登場

人気メニューが進化して生まれた新商品「マックチキン」image by:編集部

そしてさらに、お手ごろ価格メニューとして人気の「チキンクリスプ」がさらに進化し、「マックチキン(R)」に生まれ変わって発売されました。

ビーフパティではなくチキンが挟まった「チキンクリスプ」は、マックを代表する人気商品のひとつですが、価格はそのままに味もボリュームもパワーアップして登場しました。

マックチキン(R)/単品価格180円~ バリューセット(R)価格500円~

新メニュー「マックチキン(R)」image by:編集部

「チキンクリスプ」から生まれ変わって登場した「マックチキン(R)」を早速実食。

サクサクッと揚げられたチキンパティは、黒コショウと白コショウがピリッと効いており、シャキシャキな新鮮レタスとふわふわゴマ付きバンズとも相性抜群です。

レモンの酸味が効いたソースが好き…image by:編集部

そしてクリーミーなソースはレモンの酸味が効いたマヨ風味のスイートレモンソース。サクッと揚げられたチキンパティをさわやかな味わいに仕上げており、罪悪感なくペロッといただけます。

たったの180円(単品価格)でこれだけのクオリティを提供してくれるマクドナルドさん…。まさに『ちょいセット』には持ってこいのバーガーです。

【商品情報】

マックチキン(R)

  • 店頭価格:単品180円~/バリューセット(R)500円~ ※一部の店舗およびデリバリーでは異なります。詳細はホームページをご確認ください。
  • 2024年1月24日(水)~レギュラー販売
  • 販売時間:10:30~閉店まで(24時間営業店舗では翌4:59まで)
image by:編集部

なにかと値上げが多い今日この頃ですが、500円台というリーズナブルな価格設定でお腹いっぱいになれるのはやっぱりうれしい。

いつもはビーフパティのバーガーを選ぶことが多い筆者ですが、ちょっと今日は節約したいなんて時には、チキンバーガーを選ぶ機会が増えそうです。「お腹空いたけど贅沢はできないなあ」なんてときに、ぜひマックへ足を運んでみてください。満たされること間違いなしですよ。

いま読まれてます

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

WebSite / Twitter / Facebook / Instagram / Mail magazine

エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
これぐらいがちょうどいい。マックの新「ちょいセット」が500円台でも大満足だった
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます