旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

今春、世界一なが〜い木造歩道橋を「緑茶」色に染める大計画が始動!

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2016/03/31

温かい春の訪れを感じる季節。新緑が芽生え、木々が鮮やかな緑色に染まるまさにその頃、静岡県島田市では、木は木でも、世界一の長さを誇るなが〜い木造歩道橋まで、緑色に染まりだすんだそう!

緑茶のまちに、世界一長い木造歩道橋ができたわけ

今春、世界一なが〜い木造歩道橋を「緑茶」色に染める大計画が始動!

まずは、そのなが〜い木製歩道橋が生まれた経緯から。

静岡県がお茶の一大生産地という事を疑う人はもはやいないでしょう。1244年に宋より持ちだされたお茶の種子を静岡市足久保に植えたのが始まりという言い伝えがあります。

静岡県内でお茶の生産が広まる中、日米友好通商条約で急激にお茶の輸出量が増えたこともあり、1869年に最後の将軍・徳川慶喜を護衛してきた幕臣たちによって、静岡県の大井川周辺でもお茶の生産が始まりました。

今春、世界一なが〜い木造歩道橋を「緑茶」色に染める大計画が始動!

その後、大井川を挟んだ初倉地区と島田地区で茶葉の往来が生まれるも、大井川を小船で渡らなければならず、非常に危険でした。そこで島田宿の開墾人総代達が時の静岡県令(知事)に橋をかけて欲しいと願いを出し、 1879年に完成したのが木造の歩道橋「蓬莱橋」です。

今春、世界一なが〜い木造歩道橋を「緑茶」色に染める大計画が始動!

歩いて渡る木造の蓬莱橋は、長さなんと全長897.4m、通行幅2.4m! 大雨などによる度重なる被害を受けていましたが、のちに橋脚がコンクリート製になり、1997年には「世界一長い木造歩道橋」としてギネス世界記録に認定されるとともに、「やくなしよ(厄無しよ)」という橋の長さのゴロあわせて全国的にも有名な観光スポットになりました。

TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

今春、世界一なが〜い木造歩道橋を「緑茶」色に染める大計画が始動!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 中部 東海はペット天国だった。愛犬と旅行するのに「静岡県」が人気なわけ ★ 41
 静岡 そのお味はいかに?伊豆半島ジオパークで発見された「食べる溶岩」 ★ 42
 埼玉 はぁ〜いい湯だな♪全国対抗、カピバラの長風呂対決がかなり癒される ★ 35
 静岡 手ぬぐい片手にお散歩しよう。冬の伊豆半島で花とご利益を巡るお遍路 ★ 39
 全国 あなたのジモトも襲われる!斬新すぎる「ご当地怪獣」が日本各地で大暴れ ★ 664
 全国 Airbnb発表「2016年に訪れるべき地域」。1位が大阪中央区の理由は? ★ 1323