旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

『真田丸』をもっとリアルに楽しむための、高野山・九度山の歩き方

松崎 桃子
松崎 桃子
2016/04/14
『真田丸』をもっとリアルに楽しむための、高野山・九度山の歩き方
エントランスにも、幸村の子、大助を含め、甲冑姿の親子3代の姿が!

ここでは、九度山での生活をパネル展示とドラマ仕立ての映像により紹介されていたり、来年2月末までは大河ドラマの出演者のパネルやドラマで着用した衣装、小道具まで展示されています。

エンタメ感覚で見学できるので難しくもなく、大河ドラマにもますますのめり込めること間違いなし! オープンしてすぐに入館者1万人を達成したことからも、関心の高さを伺えます。

街全体が盛り上がりをみせている九度山。お散歩にはちょうどいい大きさですし、実際に彼らが住んでいた場所を巡りながら「いったいどんな気持ちでこの場所で、大坂城へ向かう決心をしたのだろう」などと、思いを馳せてみるのも楽しみ方のひとつです。

空海が開いた天空の都市

『真田丸』をもっとリアルに楽しむための、高野山・九度山の歩き方
車体や座席は真田幸村の赤備え甲冑をモチーフに、「六文銭」や「結び雁金」をあしらい、甲冑の力強さや美しさを表現したデザインに

さて、九度山駅から期間限定の「南海・真田赤備え列車」に乗れば約1時間で高野山です。言わずと知れた世界遺産で、日本の精神文化が息づくこの場所には117の塔頭寺院が現存。

「奥之院」と「壇上伽藍」を二大聖地とし、人々の信仰を集めています。昨年には開創1200年を迎え記念大法会が執り行われるなど、いつも以上に注目を浴びました。

『真田丸』をもっとリアルに楽しむための、高野山・九度山の歩き方
高野山真言宗の総本山金剛峯寺。襖絵や白砂に石を配した庭園は必見

実は今回初めて高野山を訪れた私。標高約900メートルの天空の聖地とあって、一歩足を踏み入れた瞬間から別世界に入り込んだかのような、なんとも心地いい感覚に陥りました。

高野山を訪れるからには歴史や教えを知らないといけないのではないかと思っていたのですが、意外にも誰にでも開かれたオープンな場所。

『真田丸』をもっとリアルに楽しむための、高野山・九度山の歩き方
戦国大名などのお墓を訪ね歩くことができる奥之院参道。一番奥には、弘法大師が瞑想を続けていると伝えられる御廟が!

約2キロの参道に広がる「奥之院」では20万を超えるとも言われている墓石に圧巻!

いまも弘法大師がこの世に身を留め人々を救い続けているとされる御廟へと続く緑の森の中をゆっくりと歩いているだけで、気分もすっきり癒されます。これぞまさに、最高に厳かな森林浴です。


東京生まれ。構成作家、ライター。
パリ第8大学造形美術学部修士課程終了。パリ滞在を経て、自分が生まれた日本をもっと知りたい!と思うようになりました。特に芸術祭が開催される場所を巡るのが好きです!

『真田丸』をもっとリアルに楽しむための、高野山・九度山の歩き方
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 手ぶらで行って着物でぶらり。浅草散歩を「旅」にする着付け体験