祭りの後に解体される「ねぶた」、もったいないので照明にして再利用

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2016/08/10

ねぶたがモチーフのアイテムを販売中

sub19

祭りが終わった後にねぶたがどうなるかご存知ですか? 実は、解体された一部が再利用されて新たな商品として世に送り出されているんです。

それを手掛けているのが「NEBUTA STYLE」。ねぶたが持つ美しさと生命力をベースに、照明器具、インテリア雑貨、生活雑貨などを、高いデザイン性やユニークな発想で商品を開発するデザインブランドです。

2016年の夏季アイテムは7月に発売されたばかり。どんなものがあるか、早速チェックしてみましょう。

インテリア照明 「KAKERA 扇(おうぎ)」

KAKERA 扇(おうぎ)/ 価格:13,500円(税別)

実際に運行したねぶた祭りの山車から切り取った彩色和紙=「ねぶたのかけら」を再利用したインテリア照明。1台のねぶたから300個しかつくれない限定品で、1つ1つの柄が異なります。

インテリア照明 「ねぶたらんぷ」

ねぶたらんぷ / 価格:スタンド230=13,500円~15,000円、スタンド320=20,000円~22,000円、ペンダント530=28,000円~30,000円(全て税別)

骨組みとなる竹ヒゴに 光を柔らかく拡散させる和紙を貼り、一点一点を提灯の職人が手作りで仕上げています。

竹ヒゴや和紙が光を通して生み出す陰影や造形が、ねぶたの構造との共通点を感じさせます。スタンドライトが大小2タイプ、ペンダントライトが1タイプあり、各タイプとも、3種類のねぶた柄と無地の白が用意されています。


赤鬼フェイスパック

赤鬼フェイスパック/ 価格:602円(税別)

昨年8月の発売以降、瞬く間に青森土産の定番商品となった「ねぶたフェイスパック」の新シリーズ。実際に運行された「雷神」がプリントされた「赤鬼ねぶたフェイスパック」は、再現度も高く、インパクト抜群の仕上がりです。

ねぶたマスキングテープ

ねぶたマスキングテープ/ 価格:各380円(税別)~

ねぶたのモチーフが可愛く詰まった「ねぶたマスキングテープ」は、プレゼントのラッピング、インテリアや雑貨の装飾など、重ねて貼ったり、組み合わせたり、アイデア次第で様々な「ねぶた」のデコレーションが楽しめます。全7種類販売。

ほかにもシールや付箋、ハンカチなど、たくさんのアイテムがラインナップ。「青森ねぷた祭り」の感動を形にして取っておいたり、誰かに伝えるためのお土産にぴったりです。おひとついかがでしょうか?


sub11

  • 記事提供・編集協力:P.M.A.トライアングル
  • ※掲載時点の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます
TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

 東京 目黒雅叙園をねぶたが占拠!?全国の“あかり”が東京に集まる38日間 ★ 15
 青森 【日本の秘境】海に映える巨岩が美しい、青森の天然記念物「仏ヶ浦」 ★ 15
 青森 そのパワーに医者もタジタジ…日本一の青森りんごが女性に良い理由 ★ 229
 青森 どうせハゲなら明るく照らそう!青森・鶴田町でツルツルが大集合 ★ 1139
 鳥取 どっちが日本一? 鳥取砂丘より3倍も広い砂丘が「青森」にひっそりある ★ 728
 全国 これが日本の美女。古今東西「美人」と呼ばれた女性たちの変遷 ★ 2893
エアトリインターナショナル オーストラリアってどんな国?夏までに行きたい「気になる都市」を見つけよう!
祭りの後に解体される「ねぶた」、もったいないので照明にして再利用
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます