旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

祭りの後に解体される「ねぶた」、もったいないので照明にして再利用

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2016/08/10

「青森ねぶた祭り」をご存知ですか? テレビや雑誌で見て「もちろん、知っている!」という人がほとんどでしょう。極彩色に彩られた巨大なねぶたは一度見たら忘れられないくらいのインパクトがあります。では、祭りが終わった後ねぶたはどうなるかご存知でしょうか?これはあまり知られていません。意外なモノに姿を変えて販売されているようですよ。

東北三大祭のひとつ、青森ねぶた祭りとは

downimage_00003911

先日開催されたばかりの「青森ねぶた祭り」。勢いよく跳ねる踊り子“ハネト”とリズミカルな笛の音、勇ましいねぶたが三位一体となる青森県最大規模のお祭りです。その歴史はあまりに古くて起源は諸説ありますが、2つの説が有力視されています。ひとつは、平安時代の征夷大将軍・坂上田村麻呂が蝦夷(関東の以北)を討伐する際に、戦場を照らして笛や太鼓ではやし立てたことが由来とされる説。そしてもうひとつは、七夕とお盆の迎え火と送り火が合わさって変化してねぶたになったという説です。いずれにしても、数百年続く歴史と伝統あるお祭りなのは間違いないようです。

sub2

この祭りの最大の特徴といえば、やはり「ねぶた」。大きいものだと、高さ約5m幅約9m奥行き約8mにも及ぶんだとか。しかもすべて「ねぶた師」と呼ばれる職人の手作りで、職人によってそれぞれ特長が違うので、じっくり見比べてみるのもいいかもしれません。

跳人

また、「ハネト」と呼ばれる踊り子ねぶたと一緒に街中を練り歩くのも大きな特徴。練習した地元民だけが参加できるのかと思えば、なんと正装衣装を着ていれば誰でも参加できちゃうんです!しかも事前登録や受付などもなしで飛び入り参加OK。

衣装は商店街などのお店では4000円ぐらいでレンタルできるほか、市内のデパートでは1万円程度で販売。「ラッセラー」の掛け声を上げながら、祭りの輪に加われば、忘れられない思い出になること請け合いです。

ねぶた以外にも花火や屋台など、お楽しみ盛りだくさん。毎年300万人が訪れるというスケールも迫力もケタ違い!

TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

祭りの後に解体される「ねぶた」、もったいないので照明にして再利用
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
Adobe(アドビ システムズ 株式会社) 詐欺なんて言わないで。旅行中の「失敗写真」を奇跡の1枚に直してみたぞ
 東京 目黒雅叙園をねぶたが占拠!?全国の“あかり”が東京に集まる38日間 ★ 15
 青森 【日本の秘境】海に映える巨岩が美しい、青森の天然記念物「仏ヶ浦」 ★ 15
 青森 そのパワーに医者もタジタジ…日本一の青森りんごが女性に良い理由 ★ 216
 青森 どうせハゲなら明るく照らそう!青森・鶴田町でツルツルが大集合 ★ 1139
 鳥取 どっちが日本一? 鳥取砂丘より30倍も広い砂丘が「青森」にひっそりある ★ 416
 全国 これが日本の美女。古今東西「美人」と呼ばれた女性たちの変遷 ★ 1802