旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

80歳も通い詰めるファストフード。沖縄でA&Wのルートビアが愛される理由

伊波 一志
伊波 一志
2015/08/19

今回ご紹介するのは、沖縄県民に「エンダー」の呼び名で親しまれるファストフードチェーン『A&W(エイアンドダブリュー)』

A&W(エイアンドダブリュー)

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、A&Wは沖縄オリジナルのファストフード店ではなく、本社がアメリカ合衆国ケンタッキー州ルイビルにあるコテコテのアメリカ企業です。

1922年に設立されたA&Wは、米国以外では、カナダ、オーストラリア、日本、バングラデシュ、マレーシア、パキスタン、イギリス、ドイツ、アラブ首長国連邦、カタール、タイ王国、フィリピン、インドネシアにも進出しています。

では、なぜその国際的なファストフードチェーンA&Wが沖縄においてジモトのココロでありうるのでしょうか。もしかしたら、疑問に感じられるかもしれません。

というわけで、ここからは、「エンダー」ことA&Wが沖縄に根付き、世代を超えて老若男女に愛されるようになった経緯をひもといてみたいと思います。

A&W(エイアンドダブリュー)

まず、沖縄におけるA&Wの成り立ちの前に、アメリカにおけるその歴史を少々。

A&Wは1919年、アメリカ・カリフォルニア州のロイ・アレンという薬剤師が、病床の友人のために薬草や樹木の根などを原料にヘルシードリンクを作ったことにはじまります(ロイ・アレンはA&Wの創業者)。

そしてそのヘルシードリンクの名が、「ルートビア」(沖縄に一度でも来たことがある方は、「ルートビア」という独特な風味の清涼飲料水を口にしないまでも耳にしたことはあるんじゃないでしょうか)。

A&W(エイアンドダブリュー)

すなわち、A&Wはそもそもがルートビアを売り出すためにつくられたお店なのです。その後、ルートビアを主力商品にハンバーガーやホットドッグを提供するレストランチェーンとして世界に広がっていきました。


伊波 一志

1969年、沖縄生まれ。写真家。香川大学法学部卒。
2007年夏、44日間で四国八十八カ所1,200kmを踏破。現在、沖縄県在住で、主に『母の奄美』という作品撮りのため奄美大島を撮影中。家族は、妻と三人の子。

80歳も通い詰めるファストフード。沖縄でA&Wのルートビアが愛される理由
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい