ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

あーこれあった! 懐かしの昭和アイスまとめ

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2017/06/07

初夏に突入し、だんだん暑くなってきました。これまでにご当地パンご当地ドリンクなどを紹介してきましたが、今回のテーマはご当地アイス。地元で親しまれている懐かしのアイスを中心に紹介します。

collage_fotor04_1024

今でも愛される昭和アイス

地元のアイスを紹介する前に、「あーこれあった!」とつぶやいてしまう懐かしの昭和アイスを紹介したいと思います。目まぐるしく入れ替わる厳しいアイス業界で今も昔も変わらずに愛されるロングセラーのアイスがあります。

ホームランバー(名糖産業)

1950年代に発売され、1本10円という安さで話題を呼んだ名糖産業の「アイスクリームバー」。のちに名前を変え、日本中で親しまれた「ホームランバー」は、昭和を代表するアイスです。初代のイラストはイラストレーターの和田誠氏が担当。日本で初めて、「当たり付きのバー」を始めたのもこのアイスでした。

チョコモナカ(森永乳業)

pic_history_1972

image by: 森永 公式サイト

1972年より発売されたロングセラー商品「チョコモナカ」。板チョコをイメージしたこのモナカは、当時はたったの50円で販売されていました。当初はモナカの内側にチョココーティングが施されていましたが、1966年頃にはチョコの位置が移動し、真ん中へ。現代でも愛されるアイスの一つです。

 

pic_history_2017

image by: 森永 公式サイト

ビエネッタ(森永乳業)

 

M i n aさん(@utatane.life)がシェアした投稿

1980年に発売された高級アイス「ビエネッタ」もロングセラー商品発売当時は、アイスとチョコを重ねた美しい独特のフォルムが話題になりました。価格も500円と高めで、まさにアイスクリームの中でも特別な存在。当時のCMは印象的でしたね。

うまか棒(明治)

こちらのCMを見て、思わず、懐かしい!と思う方も多いかもしれません。1979年より発売している「うまか棒」。最初は九州で発売された地域限定のアイスでしたが、その後に人気を博します。関東や近畿へと販売エリアを広げ、全国区へと広がりました。定番のフレーバーはチョコレートナッツ。小さい頃にうまか棒が家にあると聞いただけで、テンションがあがったという方も多いでしょう。

 

imageDisp

image by: 明治 公式サイト

現在では、「風味豊かなチョコレート」、「香ばしいナッツ」、「なめらかなバニラアイス」の3種類の味が楽しめます!

メロンボール(井村屋)

 

 

melon-ball

image by: 井村屋

井村屋の昔ながらの味といえば、シャーベットアイスの「メロンボール」。1972年に登場したときは「フルーツメロン」という名称でした。メロン型の容器が可愛く、子供たちの間で人気ものに。今では、モモボール、スイカボールなども発売されています。

 

次からは地元で愛され続けるご当地アイスです。まずは九州から!

TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

あーこれあった! 懐かしの昭和アイスまとめ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 全国 見つけたらテンションがあがるよ。地元で愛されるご当地ドリンク ★ 223
 全国 懐かしさがこみあげる。地元で愛される「ご当地パン」 ★ 720
 全国 全国の駅弁300個を食べ歩いた「駅弁女子」が選ぶ、究極の6選 ★ 296
 東京 さすが表参道。ウィスキーが飲める「大人の図書館」が静かなブーム ★ 741
 東京 猫好きが集まるお寺。豪徳寺はなぜ「招き猫」発祥の地と言われるのか? ★ 786
 大分 女性の混浴温泉体験記。泥浴で肌もツルツルになる別府温泉保養ランド ★ 315