ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

【銀座・中華シブヤ】常連客だけが知る裏メニューはニラ玉ラーメン!

TRiP EDiTOR編集部
2017/09/18

日本全国に数多あるラーメンの中でもとっておきの一品を食べ歩きながら紹介する、ラーメン官僚かずあっきぃこと田中一明さん。まぐまぐの新サービス「mine」で無料公開中の、田中さんの記事から本日ご紹介するのは、東京・銀座(宝町)「中華シブヤ」のニラ玉ラーメン。今まで12,000杯のラーメンを食べ歩いたラーメン官僚が、メニュー表には載ってない知る人ぞ知る裏メニューとして紹介する、「中華シブヤ」のニラ玉ラーメンのお味とは?

オススメ!【ラーメン官僚かずあっきぃの麺遊記】中華シブヤ

中華シブヤ@宝町にて、ニラ玉ラーメン。

愛想が良く人懐っこいご夫婦が切り盛りする、宝町エリアの大衆中華食堂。この場所であれば、以前から何度も目の前を通り過ぎていたなあ。

都営地下鉄浅草線の宝町駅が最寄りだが、銀座方面からも徒歩でアクセスすることが可能。なかなか交通の便が良い場所だ。

2db633622ee320c47a2a081e1710afb1 copy

こちらの『中華シブヤ』で特に有名な名物メニューは「ニラ玉」

私がオーダーした「ニラ玉ラーメン」は、この「ニラ玉」を「ラーメン」の上に被せた、知る人ぞ知るひと品。

メニューリストには掲載されていない裏メニューだ。

訪問時、店内は満席だったが、オペレーションは実にスムーズ。待ち時間5分程度でメニューが卓上に到着。

niratama

スープや麺の味も悪くないが、同メニューのハイライトは、何と言ってもニラ玉。フワフワの卵に大量のニラを織り混ぜた店主自慢の一品であり、酒類の良きツマミにもなりそう。

卵と麺を同時に箸で摘み、思いっ切り啜り上げる。卵の甘みと麺に付着したスープの甘みとが絶妙な塩梅でミックスされ、素朴だが、後を引く味わいを現出させる。

ボリュームも満点。店を出る頃には、ほぼ満腹に近い状態となっていた。

自身が食べて美味かったラーメンのみUPする、田中一明さんの記事をチェックしたい方はこちらでフォロー

DATA

中華シブヤ

営業時間 11:00〜14:00 17:30〜22:00

住所 東京都中央区八丁堀3丁目2-4

定休日 日曜

 

田中一明(通称・ラーメン官僚かずあっきぃ)

1972年11月生まれ。高校在学中に初めてラーメン専門店を訪れ、ラーメンに魅せられる。その後、順調にラーメンの世界にハマり、大学在学中の1995年より、本格的な食べ歩きを始動。今では「ラーメンの魅力の探究」をライフワークとし、年間700杯を超えるラーメンをコンスタントに実食しながら、ラーメン情報を各種媒体に精力的に発信している。これまでに食べたラーメンの総杯数は12,000杯に及ぶ。日々の食べ歩きの様子は、FacebookTwitterを御参照ください。
まぐまぐの新サービス「mine」の記事一覧ページはこちら

 

 

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

【銀座・中華シブヤ】常連客だけが知る裏メニューはニラ玉ラーメン!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 全国 実家に帰ると親がやけに優しい…夏の終わりに「帰省あるある」20選 ★ 128
 その他のエリア 外国人の「日本酒」爆買いが止まらない。世界に広がる地元のSAKE ★ 991
 三重 コシとは無縁、でも美味しい。三重県伊勢市の名物「伊勢うどん」 ★ 55
 全国 日本に来た外国人がリアルに買っていく「意外なお土産」 ★ 480
 富山 富山名物「入善ジャンボ西瓜」の過酷過ぎる収穫事情 ★ 353
 沖縄 台風情報でよく聞く「南大東島」がトリビアまみれの島だった ★ 131