観光客のほとんどが知らない。冬の京都の風物詩「大根焚き」とは?

妙満寺

kyoto20171204
image by: 京都フリー写真素材

妙満寺の大根だきは、一椀1,000円です。こちらは拝観料祈願料絵馬込みの値段です。通常、妙満寺の拝観料金は500円なので、かなりスペシャルプライスです。

妙満寺と言えば、雪の庭が有名です。この雪の庭も是非この機会に観賞してみて下さい。心落ち着く庭なのでゆったりした気分になるはずです。

妙満寺の大根だきは、冬の無病息災を祈り行われます。毎年12月10日に行われます。提供される時間は、11時から14時までです。

ただし、大根が無くなり次第終了です。完売が心配な方は、なるべく早い時間帯に、妙満寺へ訪れることをお勧めします。

少しだけ柚子の皮が添えられた妙満寺の大根はとても美味しいです。健康を祈願しつつ是非堪能してみて下さい。

妙満寺「俳句発祥の地」

いかがでしたか? 京都は日本人の知識と教養の宝庫です。これからもそのほんの一部でも皆さまにお伝え出来ればと思っています。

いま読まれてます

毎年5000万人以上の観光客が訪れる京都の魅力を紹介。特にガイドブックには載っていない京都の意外な素顔、魅力を発信しています。京都検定合格を目指している方、京都ファン必見! 京都人も知らない京都の魅力を沢山お伝えしていきます。

 全国 「すごい」を意味する方言が、全国47都道府県で全部違っててすごい ★ 7446
 全国 「まち」を編みなおす。地域にデザインの視点を取り入れた20の事例 ★ 92
 京都 「下らない」と「下りもの」の語源に隠された、京都と江戸の上下関係 ★ 363
 長野 「売らない・貸さない・壊さない」住民が団結した江戸の原風景を残す宿場町 ★ 4109
 京都 「華やかな北山」と「わび・さびの東山」。京都が見せる意外なふたつの顔 ★ 94
 京都 【京都ミステリー】「二条城」はなぜ東に3度傾いて造られたのか? ★ 7614
エアトリインターナショナル オーストラリアってどんな国?夏までに行きたい「気になる都市」を見つけよう!
観光客のほとんどが知らない。冬の京都の風物詩「大根焚き」とは?
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます