ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

「ガンジス河でバタフライ」著者が教える、〝ひとり旅〟にオススメの場所

たかのてるこ
たかのてるこ
2018/03/14

いつかやってみたいとは思っているけど、なかなか一歩を踏み出せないのが、ひとり旅。家族や友人と行くのは違って、「ひとり旅」は、勇気がいるもの。でも、ひとり旅だからこそできる体験や出会いがあるはず。
そこで今回は”一人旅のバイブル”として多くの人に読まれ続けているベストセラー本『ガンジス河でバタフライ』の著者であり、これまで65カ国を訪れた、旅人・エッセイストのたかのてるこさんに、「一人旅経験者」と「一人旅デビュー」におすすめの国をそれぞれ教えていただきました。旅の達人の”旅の極意”がたくさんつまっていますよ。

 

自分の夢を叶えてくれる〝魔法のランプ〟のような「ひとり旅」

「ひとり旅」は私にとって、「そのときどき夢を叶えてくれる”魔法のランプ“」のような存在です。日常という長期スパンでは、なかなか叶わない夢も、短期決戦の旅先では、目的に対して気持ちがまっしぐらだから、そのとき「自分が欲しているもの」が、自分の体を動かすだけでゲットできます。これぞ、旅の醍醐味!

この世で一番おっかない国だと思っていたインドを旅して、ガンジス河でバタフライするというアホな夢を叶えたり、「ダライ・ラマ」と「仏教の輪廻転生」に興味を抱いて旅したチベット文化圏(ラダック)では、“前世を覚えている少女”と出会い、未知の世界に触れることができたり、旅はそのときどきの自分の夢を叶えてくれました

本の詳細はこちらから

そう、ひとり旅は「自分を映し出す鏡」。どこを旅して、何をするかに、そのときの自分自身が反映されます。そして、ツアーや友だちと行く旅行とは違い、予定に縛られないひとり旅だからこそ、出会いが薄まらず、ひとつひとつの出会いが濃ゆい。「ひとり」で旅立っても、決して「独り」にはならないのが、『ひとり旅の醍醐味』です。

とにかく、何をどう選ぶかによって、どんな人に出会えるかが全く違ってきます。北に向かうか、夜行列車に揺られてみるか。全部、自分で判断して決めているうちに、「自分の人生は、自分でクリエイトしていたんだ!」という感覚が蘇ってきます。ひとり旅に出ると、「自分が人生の主役だったこと」を思い出せること間違いナシ。

望みさえすれば、世界はいつでも両手を広げてウエルカムして、自分の夢を叶えてくれます。心の欲する場所へ旅出ち、自分の夢を叶えてみませんか?

 

旅人・エッセイスト。「世界中の人と仲良くなれる!」と信じ、65ヵ国を駆ける。ベストセラーとなった『ガンジス河でバタフライ』は”旅のバイブル”として老若男女に支持され、ドラマ化もされ話題に。『ダライ・ラマに恋して』『キューバでアミーゴ!』(幻冬舎文庫)等、シリーズ累計50万部超。近著は、欧州21ヵ国を巡る鉄道旅エッセイ『純情ヨーロッパ』『人情ヨーロッパ』。“地球の広報”として、全国での講演、大学講師、メディア出演等、幅広く活動中。公式サイトツイッター

「ガンジス河でバタフライ」著者が教える、〝ひとり旅〟にオススメの場所
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
ジャルカード さあ梅雨があけた。今年の夏こそ行ってみたい、日本の美しき離島
 ニューヨーク NYでも「おひとりさま」がブームに。一人旅に最適なスポットは? ★ 74
 大阪 おじさん、頭にコケが!? 岸和田市で環境緑化に取り組む「苔おじさん」 ★ 329
 ベルギー 3年に1度、ベルギーで大人気の「猫まつり」が今年5月に開催 ★ 326
 三重 外国人にもウワサ。観劇もできる三重の「おふろcafé 湯守座」探検記 ★ 83
 大阪 どうせなら大阪人をビックリさせよ…獅子殿を巨大化「難波八阪神社」 ★ 52