旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

もうパニックにならない。海外旅行で使える英会話【空港・機内編】

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2018/03/08

もうすぐ待ちに待った春休み。海外旅行に行く人も多いのではないでしょうか。そんな方のために、海外旅行へ行く際に抑えておきたい英会話を「海外留学のEF」が紹介しています。

 

空港や機内で使える!海外旅行のための英会話

1. 空港で質問してみよう

Excuse me, what gate it the 8pm flight to Greece leaving from? 

(すみません、午後8時ギリシャ行きの便は、どのゲートから出国しますか?)

 

What time does this flight start boarding?

(このフライトの搭乗開始時間は何時ですか?)

 

Where is the flight from Texas’s baggage?
テキサスからのフライトの荷物はどこにありますか?)

 

Where can I get a taxi?
(どこでタクシーを捕まえることができますか?)

 

My baggage did not arrive. What do I do?
(私の荷物が到着していません。どうすればいいですか?)

 

 

2. 空港で流れるアナウンスに耳を傾けよう

Ms.Sparks please come to the podium.


スパークスさま、カウンターまでお越しください)

 

We will begin boarding in 10 minutes.

10分で搭乗を開始致します。)

 

We are now boarding (first class/ zone 1/zone 2).

ファーストクラス/ゾーン1/ゾーン2の搭乗を行っています。)

 

Please have your passport and boarding pass ready.

(パスポート、搭乗券をお手元にご用意ください。)

 

 

3. キャビンアテンダントの英語に対応しよう

You are now free to move about the cabin.

(ただいま、機内をご利用頂けるようになりました)

 

Please fasten your seatbelt when seated.

(着席の際はシートベルトをしっかりとお締めください)

 

Can I offer you something to drink?

(何かお飲物はいかがでしょうか?)

 

Please (watch/listen to) a short safety presentation

(安全確認用のビデオをご覧ください)

 

Please identify the nearest emergency exit.

(お近くの非常口をご確認ください)

 

以上、使えそうな例文を集めました。

思っている以上に、意外と知らない表現やフレーズがあったのではないでしょうか?

海外へ出国、入国、乗り継ぎする際は、少なからずとも英語を使う場面が増えるでしょう。

海外旅行を100%満喫できるように、ちょっとでも準備しておくといいかもしれません。

 

image by:  Shutterstock

記事提供:  海外留学のEF

※本記事はMAG2 NEWSに掲載された記事です

TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

もうパニックにならない。海外旅行で使える英会話【空港・機内編】
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 和装が一番映える街、金沢。着物レンタルでカップル旅を格上げ
 ニューヨーク NYでも「おひとりさま」がブームに。一人旅に最適なスポットは? ★ 74
 国内 6千人のユダヤ人が上陸した過去も。鉄道と港の町「敦賀」の意外な歴史 ★ 294
 その他のエリア 世界が「日本の抹茶」に恋してる。訪日外国人にも広がる本場のMATCHA ★ 268
 その他のエリア 外国人の「日本酒」爆買いが止まらない。世界に広がる地元のSAKE ★ 1134
 岩手 岩手からニューヨークへ。世界で勝負する東北の農業ベンチャー ★ 310