旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

埼玉狩り再び…?埼玉県民をとことん虐げる伝説のマンガが復刊

そうだ 埼玉
そうだ 埼玉
2015/11/05

何かとdis(ディス)りの対象にされがちな埼玉県。この風習、最近始まったことかと思いきや、実は1980年頃からすでにマンガでも虐げられていた様子…。

その内容に埼玉のTwitter民から「あのマンガだけはださないで」と嘆きのコメントも寄せられているのですが、その様子を埼玉の情報発信サイト「そうだ埼玉.com」がまとめています。

伝説の埼玉disり漫画「翔んで埼玉」が復刊される!「生まれも育ちも埼玉だなんて、おお、おぞましい」

現在、ネット上で話題のこちらをご覧下さい。

こちらは、漫画家魔夜峰央さんが埼玉在住だった1980年代ごろに執筆した自虐ギャク漫画。

舞台は埼玉県民が徹底的に迫害される都市、東京。都内の名門校に転校してきた容姿端麗でスポーツ万能の秀才である主人公(美少年)が実は埼玉県の所沢生まれだった…という話。

「埼玉県民にはそこらへんの草を食わせておけ!」「生まれも育ちも埼玉だなんて おお、おぞましい」「埼玉から東京に行くには通行手形がいる」「一生に一度は三越に行くのが埼玉県民の夢」「埼玉なんて言ってるだけで口が埼玉になるわ!」「いたぞ、あいつだ! 埼玉狩りだー!」

など、埼玉disりが半端ない!

この作品が先日「月曜から夜ふかし」でも取り上げられたことで現在話題となっており、12月17日に復刊が決まっているようです。

正直、見たい。。。


  • 記事提供:そうだ埼玉.com
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
そうだ 埼玉

そうだ埼玉.com (ドットコム)とは、埼玉県民の「伝えたい!!」を県民目線で発信していく埼玉初の情報発信サイトです。県民の皆さんと一緒に、埼玉の魅力をお伝えしていきます。

埼玉狩り再び…?埼玉県民をとことん虐げる伝説のマンガが復刊
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい