旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

絶景は千葉にあり。「房総」の美しい景色に出会える週末旅ルート

梅原 慎治
梅原 慎治
2018/06/16

東京からほど近い千葉県の房総半島には、自然物、人工物を問わず、様々な絶景や、珍しい風景、いわゆるインスタ映えスポットが存在するのをご存知ですか? さらに言うなら、房総半島の中央から内房側にも多くのスポットが存在するため、1日で多くのインスタ映えスポットや「いいね!」がもらえそうなエリアを回る事ができるのです。

例えばこの写真は、房総半島の旅の出発点(終着点)としても有名な「房総の玄関口」、海ほたるパーキングなのです。なんとなく通り過ぎがちな場所でさえ、時間帯によってはこんな綺麗な写真を撮ることがでてしまうのが、房総半島の魅力の1つなのです。今回はそんな「いいね!」なエリアをバイクツーリングで回ってきました。それでは、1日で回れる房総スポット旅行のはじまりです。

今回の旅のルートマップはこれ!

まずは棚田から南下し、崖観音の絶景へ

大山千枚田

大山千枚田(2月)この時期は、閑散としています。
大山千枚田(6月)この日は、沢山の観光客でにぎわっていました。
撮影場所を変えると、雄大な田んぼの広がりを写真に収めることができます。

まずは、「東京から一番近い棚田」と言われている、大山千枚田です。冬場に撮影した写真もあったので、合わせて載せてみました。高台から見下ろす風景となるため、普通の田んぼよりも広がり感じることができます。稲穂が実る時期には、夕方にライトアップなどもされているようなので、時間帯だけでなく、季節の違いによっても、様々な顔を見せてくれそうですね。

大福寺の崖観音

緑の山に朱色のお堂が目立ちますね。
お堂が建てられている場所のバックに見えるマーブル模様の地層も見所ですね。
お堂からの景色も絶景です。
謎の洞窟。右奥へと続き、さらに左に続いていました。

次に、大福寺の崖観音」へ。海沿いを走る房総なぎさラインを南下していると、左側にそびえる岩山に嵌め込まれたようなお堂が現れます。思わず二度見してしまうような、ちょっと、いや、かなり不思議な建物です。朱を基調とした観音堂は、遠くからでも目立ちますので、外国人観光客にも人気がありそうですね。また、観音堂からの景色も素晴らしいです。さらに、あまり紹介される事がありませんが、観音堂がある崖には、無数の洞窟が掘られていて、中には、結構深さがありそうなものも存在します。こうした洞窟も、工夫次第ではインスタ映えスポットになりそうですよね。

梅原 慎治

埼玉県生まれ、都内在住のツーリングライター。主に関東近郊を走り周り、美味しい物や良い景色などを見つけて楽しんでいる。趣味としてフルコンタクト系の空手も嗜んでいる。

絶景は千葉にあり。「房総」の美しい景色に出会える週末旅ルート
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 神奈川 そうだ、ラピュタに行こう。東京湾では唯一の自然島「猿島」を探索 ★ 139
 千葉 まるで潜水艦。今年の夏はちょっとレトロな「海底展望塔」へ ★ 134
 千葉 ムーミン谷を走る「いすみ鉄道」が、いま中高齢旅行客にウケるわけ ★ 356
 千葉 夏のお泊りアウトドア、今年は豪華キッチン付で「作って食べる」が流行りそう ★ 34
 千葉 関東で一番遅い紅葉も。大人女子が案内する、千葉「養老渓谷」さんぽ ★ 25