旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

ランキングから見る、シルバーウィークに行きたいスポットTOP3

和田 千波
2018/09/20

2015年には5連休となった9月下旬のシルバーウィーク、今年は最大3連休です。大型連休とは言えないシルバーウィークですが、休みがあるだけありがたいとも思ってしまいますが、みなさんは何をして過ごしますか?

今回、オンライン総合旅行サービス「エアトリ」が、「シルバーウィークの過ごし方」をテーマにしたアンケート結果を発表しました。早速ご紹介します。

 

シルバーウィークに合わせて有給はとる?

祝日を含んだ連休に合わせて有給休暇を取得し、大型連休を楽しむ人は少なくありません。ゴールデンウィークに有給を取るかどうか、2018年に調査した結果では約4割の人が「はい」と回答しました。シルバーウィークではどうでしょうか。

気になる結果は、「いいえ(66.9%)」が過半数。ゴールデンウィークと比べ、シルバーウィークで大型連休を作る人は少ないようですね。

 

シルバーウィークは最大で何連休?

2018年のシルバーウィークは、暦の上では最大3連休が2週続きますです。実際に何日間休みがあるか調査したところ、最も多かったのは暦そのままの「3連休(46.1%)」となりました。特別に休暇を設定している企業もそう多くはないことがうかがえます。また「連休はない(22.6%)」が次に続いています。

ちなみに、今年のゴールデンウィーク時の調査で「連休はない」と答えたのは10.1%です。シルバーウィークはゴールデンウィークよりも連休なしの人が10%以上多いようですね。

そんななか、シルバーウィークはゴールデンウィークより休みが多い人も、10.2%いることがわかりました。シルバーウィークの方が休暇が長い人の中で、最も多い業種は「コンサルティング(27.3%)」。業種によって繁忙期が違い、連休の時期にも差があるのかもしれませんね。

調査結果からもわかるように、大型連休とは言えない今年のシルバーウィークですが、みなさんは実際にどのように過ごすのでしょうか。回答が多かった上位3位のシルバーウィークの予定を、ランキングでご紹介します。

平成生まれの編集・ライター。旅行ガイドブックを手がける編集プロダクションで修行を積み、現在はふらふらしている。好きな国は街歩きが楽しい台湾。

ランキングから見る、シルバーウィークに行きたいスポットTOP3
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 その他のエリア 韓国人と中国人が気になっていた、日本とは微妙に違う礼儀作法 ★ 195
 国内 1位は山口。日本全国「道の駅」人気ランキング2018年が発表 ★ 84
 国内 1位は韓国の話題作。「ぴあ初日満足度ランキング」発表(9/8調べ) ★ 9
 アジア 6位インドに10位韓国。アジアの人気テーマパークランキング ★ 34
 全国 あなたはどっち?究極の2択に悩むご当地グルメお取り寄せランキング ★ 8