旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

韓国人と中国人が気になっていた、日本とは微妙に違う礼儀作法

TRiP EDiTOR編集部 k
2018/09/19

日本では当たり前だと思っていることでも、外国人から見るとマナー違反だったり、違った意味になったりすることがあります。逆も然りで、日本人から見ると「それってどうなの?」って思う海外の作法ってありますよね。今回は日本出身の編集部と、中国と韓国それぞれの出身者が集まって自分の国の作法について話す座談会を開催。近い国なのに全く異なる作法にめちゃくちゃ盛り上がっちゃいました! まさに異文化交流。さっそくご紹介していきます。

参加者プロフィール

日本出身(以下・リカ):トリップエディター編集部のリカちゃん。26歳。生まれも育ちも日本なので作法を完璧にマスターしているハズ!?

中国出身(以下・):上海生まれのサラリーマンの王くん。29歳。日本在住歴11年。趣味はサッカー&旅行。

韓国出身(以下・ユナ):ソウル生まれハワイ育ちのユナちゃん。26歳。日本在住歴10年。アメリカン文化も強め女子。

日本人が当たり前と思っているけど!?

リカ(日):さっそくなんだけど、日本に来て驚いた作法の違いとかってある?

王(中):今でも覚えてるのは、最初に立ち食い蕎麦のお店に入ったとき、みんな麺をズルって音を立てて食べていたことには驚いたかな。中国では麺をすする音はマナーが悪いと思われるから、「おお!」ってなった。

ユナ(韓)麺は長寿を意味してるから噛み切らずにすすって食べるものって聞いたことがある。でも音は立てないかなぁ。お年寄りは音を立てる方が多いけど、若者は音を立ててすする人は少ないと思うよ。

リカ(日):一時、ヌーハラ(ヌードハラスメント)なんて言葉もあったもんね。あと蕎麦は香りを楽しむためにわざと音を立てて食べるものって言うね。

王(中):小さい頃から、音を立てて食べることは非常に良くないことって教わってきたよ。

リカ(日):作法って子どもの頃から教わるもんね。

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

韓国人と中国人が気になっていた、日本とは微妙に違う礼儀作法
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 国内 孫と行くなら絶対ココだ。国内人気観光スポットランキング ★ 8
 千葉 まるでドムが覗いているような、千葉の軍事遺跡「掩体壕」の正体 ★ 189
 関東 秋の紅葉もセットに。日帰り「フルーツ狩り」が空前のブーム ★ 57
 富山 交通手段はトロッコ電車のみ。山奥の秘湯「黒薙温泉」 ★ 226
 東京 都内で土佐を体験。本場の味がそろう「わらやき屋」がオープン ★ 53
 全国 1位は池袋のものだ。全国のカワウソ人気投票「第2回カワウソゥ選挙」 ★ 8