旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

なんと「ひらパー」第3位。全国主要レジャー施設の入場者数ランキング

和田 千波
2018/10/03

休日、家族や子どもを連れてお出かけするなら、どこに行きますか? 魅力的なキャラクターや趣向を凝らした展示、アトラクションなど、思いっきり遊びたい時にぴったりなのが各種レジャー施設です。

月刊レジャー産業資料』9月号(NO.624)が、全国のレジャー施設の入場者ランキングを、「テーマパーク」「遊園地」「動物園」「水族館」「ミュージアム」の5つのカテゴリーでまとめて発表しました。それでは早速、ご紹介します。

テーマパーク第1位「東京ディズニーランド・東京ディズニーシー」(前年比100.3%)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

AーIKE@Disneyさん(@a_colonel0923)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TokyoDisneyResort 東京ディズニーリゾートさん(@tokyodisneyresort_official)がシェアした投稿

テーマパークカテゴリーで第1位に輝いたのは、圧倒的な人気を誇る「東京ディズニーランド・東京ディズニーシー」でした。

ランド、シーにより構成される東京ディズニーリゾートは、2018年で35周年を迎え、アトラクションのリニューアルや新しいパレードも登場。その結果が前年比増に繋がったようです。

また、2位以下のランキングは以下になります。

  • 第2位「ハウステンボス」(前年比99.6%)
  • 第3位「サンリオピューロランド」(前年比109.6%)
  • 第4位「志摩スペイン村 パルケエスパーニャ」(前年比97.6%)
  • 第5位「東京ドイツ村」(前年比91.3%)
  • ※USJ、レゴランドは入場者数非公開

遊園地 第1位「鈴鹿サーキット」(前年比101.6%)

image by: kqlsm / Shutterstock.com

三重県鈴鹿市の「鈴鹿サーキット」が遊園地カテゴリーで第1位となりました。

モータースポーツの聖地のイメージが強い場所ですが、観覧車やジェットコースターなどの定番アトラクションから、鈴鹿ならではのクルマをイメージした各種アトラクションも取りそろえており、子どもから大人までワクワクできる人気の遊園地です。

また2位以下には、鈴鹿サーキットと同じく地方の施設が多くランクインしました。

  • 第2位「よみうりランド」(前年比95.3%)
  • 第3位「ひらかたパーク」(前年比99.3%)
  • 第4位「としまえん」(前年比97.7%)
  • 第5位「ツインリンクもてぎ」(前年比112.6%)

平成生まれの編集・ライター。旅行ガイドブックを手がける編集プロダクションで修行を積み、現在はふらふらしている。好きな国は街歩きが楽しい台湾。

なんと「ひらパー」第3位。全国主要レジャー施設の入場者数ランキング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社KPG HOTEL&RESORT 美しい海を目の前に。愛犬と「アイランド ナガサキ」で過ごす癒し旅