旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

福島「大内宿雪まつり」と栃木「湯西川かまくら祭」を一度に楽しむ方法

Haru
Haru
2019/11/28

数多くのかまくらが連なる「第27回湯西川温泉かまくら祭り」/栃木県

湯西川かまくら祭「ミニかまくら」(image by:日光市観光協会

栃木県日光市湯西川で毎年1月下旬から3月初旬に開催される「湯西川温泉かまくら祭り」は、日本夜景遺産の「歴史文化夜景遺産」が認定している冬の風物詩といえるお祭りです。2020年は2月1日(土)から3月1日(日)に第27回が開催される予定です。

会場がいくつかあり、そのなかの沢口河川敷ミニかまくら会場の「ミニかまくら」が、日本夜景遺産に認定されています。ミニかまくらは見ごたえたっぷりで、かまくらに灯るキャンドルが幻想的な美しさを演出しています。

湯西川かまくら祭の様子(image by:日光市観光協会

また「平家の里メイン会場」には大きなかまくらが並び、かまくらのなかでは地元の野菜などがたっぷり入った「かまくら平家鍋」(有料)などが楽しめます。

そのほか、ライトアップが美しい「平家慈光寺会場」、雪遊びが楽しめる「湯西川水の郷スノーパーク」など会場がさまざまあり、それぞれで雪国らしい楽しさを存分に体験できますよ。

Wで見ることができるのは、2月のいつ?

せっかく遠方へ出かけるのであれば、欲張りに色々体験したくなるもの。福島も栃木も都心からだと移動時間もかなりかかります。この際、どちらか片方だけ…とはいわず、このふたつのお祭りを同時期にまとめて見てみてはいかがでしょう。

「大内宿雪まつり」について、例年2月の第2土日ということは、2020年は2月8日(土)、9日(日)の開催。また、2020年の「湯西川温泉かまくら祭り」は2月1日(土)から3月1日(日)までの開催予定です。

そのため、2020年2月8日(土)、9日(日)であれば、ふたつの祭りを同時期にまとめて見ることができそうです。

なお、両お祭りとも、雪が深い季節に開催されます。整備された峠道があることからマイカーでもアクセスは可能ですが、雪道に慣れていない方はバスなどを使うことをおすすめします。

どちらのお祭りも雪が多く寒い時期ではありますが、その時期だからこそ楽しめる季節限定の催しです。美しく幻想的なふたつの祭り、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。


  • image by:日光市観光協会
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※初回掲載2019/11/16、更新2019/11/28

現在は都内の旅行会社で働きつつ、週末をからめた弾丸トラベラーとして世界各国を旅するアラサー女子

福島「大内宿雪まつり」と栃木「湯西川かまくら祭」を一度に楽しむ方法
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 和装が一番映える街、金沢。着物レンタルでカップル旅を格上げ