旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

ヨーロッパのクリスマスを日本で体験。都内近郊の三大「クリスマスマーケット」

Haru
2018/11/21

クリスマスが近づいてくると、クリスマスツリーのデコレーションや、キラキラしたイルミネーションが街を彩り、ワクワクした雰囲気になってきますね。そんなクリスマスのお祭り気分を思う存分楽しめるイベントが、ヨーロッパで開催される「クリスマスマーケット」です。

そしてこのクリスマスマーケット、都内近郊でも楽しめる場所があることをご存じですか?そこで今回は、友だち、家族、デートでも楽しめる、都内近郊の三大クリスマスマーケットをご紹介します。

クリスマスマーケットってなに?

image by:S.Borisov/Shutterstock.com

クリスマスマーケット」はドイツのドレスデンが最古であると言われるマーケットで、現在ではヨーロッパのさまざまな都市の広場でクリスマス前から開催されています。このイベントはキリストの生誕であるクリスマス前の日曜日を4回含む4週間のアドベント期間」に行われることが多いそうです。

image by:Romrodphoto/Shutterstock.com

ヨーロッパの町で開催されるクリスマスマーケットでは、かわいらしい小屋が立ち並び、ホットワイン伝統的なお菓子ソーセージなど軽食などが味わえます。また、クリスマス関連グッズやお土産になるような品の出店があったりと、見ているだけでも楽しくなるような光景が広がります。なかには観覧車や大きな塔が設置されたり、夜にはライトアップも美しく、訪れる人を楽しませてくれます。

都内近郊の三大クリスマスマーケット

いま都内近郊で開催され注目を集めている「三大クリスマスマーケット」とは、「東京クリスマスマーケット(日比谷公園)」「横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット」「六本木ヒルズのクリスマスマーケット」のことです。それぞれに異なった魅力があるので、ご紹介します。

1.東京クリスマスマーケット(日比谷公園)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kumiko.kさん(@q_uiooo)がシェアした投稿

東京クリスマスマーケット(日比谷公園)の最大の魅力は、高さ14mもある巨大な「クリスマスピラミッド」。東京クリスマスマーケットのシンボルとも言えるクリスマスピラミッドは、クリスマス・オーナメントの本場ドイツのザイフェン村で作られた巨大な木工工芸品です。木のぬくもりを感じ、かわいらしいクリスマスピラミッドです。夕方にはライトアップされ幻想的な雰囲気が醸し出されます。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@violet_peonyがシェアした投稿

また、寒い屋外ではグリューワイン(ホットワイン)を飲んでみるのもおすすめです。ぽかぽかと体があたたまりますよ。クリスマスならではのお菓子、そしてクリスマス関連グッズなどを販売する店舗が並ぶので本場のクリスマスマーケットの雰囲気も楽しめます。

ドイツから来日する楽団のライブなどイベントもあるので、本場のクリスマスマーケットを体験している気分になるかもしれませんね。

観光地情報
  • 東京クリスマスマーケット2018
  • 日比谷公園 噴水広場
  • 日比谷/霞ヶ関
  • 開催期間:2018年12月14日(金)~12月25日(火)
  • 11:00~22:00 (L.O.21:30)
  • https://tokyochristmas.net/
  • ※雨天時も開催 (荒天の場合、中止する場合があります)

現在は都内の旅行会社で働きつつ、週末をからめた弾丸トラベラーとして世界各国を旅するアラサー女子

ヨーロッパのクリスマスを日本で体験。都内近郊の三大「クリスマスマーケット」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 台湾 台湾人に恋した日本の20代女子が、夜の台北でバカになれなかった話 ★ 43
 国内 秋の絶景を車窓から。紅葉に出会えるローカル列車の旅 ★ 705
 その他のエリア 日本を愛する外国人が、日本での生活で困っていること ★ 162
 国内 世界が思わず恋をした。旅のプロが教える、日本の美しい観光スポット ★ 157
 全国 1年でほんの数秒間、大都市から人が消える瞬間を切り取った写真 ★ 320